文字の大きさ
縮小
標準
拡大
色の変更
標準
青地に黄色
黄色地に黒
黒地に黄色
  • Foreign language
  • 携帯サイト
  • 市へのお問い合わせ
  • サイトマップ
  • Eメール配信サービス 防災情報などお役立ち情報満載。

ホーム > 学び・文化 > 文化財 > 伊豆の国市歴史文化基本構想について

ここから本文です。

更新日:2016年5月24日

伊豆の国市歴史文化基本構想について

歴史文化基本構想とは

平成24年2月に、文化庁より、地域にある文化財を、総合的に保存、活用していく方向性を定める、「歴史文化基本構想策定技術指針」が示されました。

伊豆の国市は、国史跡(北江間横穴群、北条氏邸跡(円成寺跡)、伝堀越御所跡、願成就院跡、韮山役所跡、韮山反射炉跡)、国宝(運慶作木造阿弥陀如来坐像他)、国重要文化財((江川家住宅、韮山代官江川家関係資料、江川家関係写真)、国重要有形民俗文化財(山木遺跡出土の生産・生活用具)など、弥生時代から近代にいたるまでの、全国的にも有数な文化財を多く所在しています。また、古くから地域や寺社に伝わる祭事、石塔などが身近に多く残っています。

伊豆の国市では、これらの遺跡、建造物、美術、工芸、民俗などの文化財を、総合的に保存、活用する方向性を示すべく、平成26年3月に『伊豆の国市歴史文化基本構想』を策定しました。

構想の概要

『伊豆の国市歴史文化基本構想』では、「日本の変革の歴史とともにある地-伊豆の国市の誇り」を基本理念として、6つの関連文化財群と、7つの歴史文化保存活用区域を設定し、文化財の保存、活用の方向性を示した、文化財のマスタープランとして位置づけられます。

今後、文化財保護事業については、『伊豆の国市歴史文化基本構想』をもとに、計画、実施してまいります。ご理解、ご協力をお願いいたします。

構想の公開について

『伊豆の国市歴史文化基本構想』は、市内各図書館で閲覧のほか、下記のデータにて参照、ダウンロードができます(データを分割掲載しています)。

データファイルのうち、3.~8.、11.は、容量により、全体表示に少々時間がかかりますので、ご注意ください。

表紙(JPG:234KB)

1.中表紙~第1章伊豆の国市の現況(p14)(PDF:2,372KB)

2.第2章関連文化財群・歴史文化保存活用区域の設定(p15~p25)(PDF:2,755KB)

3.第2章関連文化財群・歴史文化保存活用区域の設定(人の定着からイズノクニ形成への足跡p26~p27)(PDF:6,365KB)

4.第2章関連文化財群・歴史文化保存活用区域の設定(武士の世のはじまり・中世東国動乱の要の地p28~p29)(PDF:6,674KB)

5.第2章関連文化財群・歴史文化保存活用区域の設定(戦国時代の幕開けから天下統一布石の地へp30~p31)(PDF:6,393KB)

6.第2章関連文化財群・歴史文化保存活用区域の設定(幕府直轄の代官支配地p32~p33)(PDF:6,707KB)

7.第2章関連文化財群・歴史文化保存活用区域の設定(p34~p36)(PDF:6,364KB)

8.第3章歴史文化資源の保存・活用に向けた課題(p37)~第4章歴史文化資源の保存・活用計画(p77)(PDF:9,926KB)

9.第5章保存・活用の現状と課題(p79~p87)(PDF:1,938KB)

10.資料編目次~資料編24(PDF:2,588KB)

11.資料編25~資料編30(PDF:9,355KB)

12.資料編31~奥付(PDF:3,598KB)

 

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

文化財課

〒410-2292静岡県伊豆の国市長岡346-1 あやめ会館1階

電話番号:055-948-1428

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?