文字の大きさ
縮小
標準
拡大
色の変更
標準
青地に黄色
黄色地に黒
黒地に黄色
  • 音声読上げ
  • Foreign language
  • お問い合わせ
  • サイトマップ
  • 携帯サイト
  • Eメール配信サービス 防災情報などお役立ち情報

ホーム > 学び・文化 > 文化財 > 国指定史跡韮山反射炉 > 「韮山反射炉の保存・整備・活用に関する計画(修復・公開活用計画)」を策定

ここから本文です。

更新日:2018年11月27日

「韮山反射炉の保存・整備・活用に関する計画(修復・公開活用計画)」を策定

策定の経緯・目的

韮山反射炉は、平成27年7月にドイツで開催された第39回世界遺産委員会において、「明治日本の産業革命遺産」の構成資産として世界遺産に登録されました。同委員会では、登録決議とともに、各構成資産における今後の優先順位を付した「保全措置の計画及び実施計画」を策定し、平成29年12月1日までに提出することが付議されました。

市では、韮山反射炉の立地・形態・性質等を踏まえた将来像及びその実現に向けた手法・道筋を明らかにすることを目的とし、さらに世界遺産委員会に提出する保全措置の計画及び実施計画の母体となるものとして、韮山反射炉の保存・整備・活用に関する計画(修復・公開活用計画)及び同抄録を策定しました。

今後は、後世への確実な継承に向けて、本計画に基づく取組・事業を着実に推進していきます。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

文化財課(世界遺産室)

〒410-2292静岡県伊豆の国市長岡346-1 あやめ会館1階

電話番号:055-948-1425

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?