文字の大きさ
縮小
標準
拡大
色の変更
標準
青地に黄色
黄色地に黒
黒地に黄色
  • Foreign language
  • 携帯サイト
  • 市へのお問い合わせ
  • サイトマップ
  • Eメール配信サービス 防災情報などお役立ち情報満載。

ホーム > まちづくり > 伊豆の国市地域おこし協力隊 > 新たなチャレンジ「人財」募集!~伊豆の国市地域おこし協力隊~

ここから本文です。

更新日:2017年3月17日

新たなチャレンジ「人財」募集!~伊豆の国市地域おこし協力隊~

伊豆の国市では、「新たなチャレンジをしたい人」を募集しています!

伊豆の国市では、今、このような人材が必要です!

  • 「地域の魅力の掘り起し」と「新しい観光商品開発」にとりくんでみたい方

伊豆の国市では、地域おこし協力隊員を募集しています!

(申込受付期間:2017年3月13日~2017年4月7日)

活動概要・募集人数

伊豆の国市の観光地域づくり活性化支援:1名

  • 地域資源を活用した着地体験型観光商品の開発(地域の賑わいづくりと誘客促進)
  • 旅行エージェント等への観光プロモーション(マーケティング、情報発信)など

募集対象

  • 応募時点で3大都市圏をはじめとする都市地域(過疎、山村、離島、半島等の地域以外)に居住している方で、採用後に伊豆の国市に住民票を移し移住できる方
  • 平成29年4月1日時点で、20歳以上40歳未満の男性
  • PC(ワード、エクセル、インターネット)及びブログの更新等の操作ができる方
  • 地域の賑わいづくりに意欲があり、地域になじむ意思のある方
  • 普通自動車免許を有し、自家用車を持ち込みできる方
  • 心身ともに健康で、誠実に職務が出来る方
  • 地方公務員法(昭和25年法律第261号)に規定する結核事項に該当しない方
  • 暴力団員、暴力団関係事業者に該当しない方

申込み受付期間

2017年3月13日~2017年4月7日

提出書類

受付場所

書類を直接持参いただくか、郵送してください。

伊豆の国市役所観光(地域おこし協力隊応募)

〒410-2292静岡県伊豆の国市長岡340-1

詳しい応募条件等については、こちらをご覧ください。

応募にあたっては、国が定める地域要件をご確認ください。

伊豆の国市って、どんなところ?

伊豆の国市は、伊豆半島のくびれ部分のほぼ真ん中、伊豆の玄関口に存在します。

例えば、東京からは、新幹線を使えば、最短で2時間かからずに来ることができる「ほどよく田舎、ほどよく都会」なところです。

伊豆の国市の情報はこちら(伊豆の国市の概要

伊豆の国市の田園風景

 

自然を体験できる環境

 

 

 

 

 

 

 

上)美しい田園地域と富士山の眺望は毎日の楽しみ

右)自然の中で遊び、学べる環境がたくさんあります

狩野川でのアクティビティ

 

伊豆の国市の花火

 

 

 

 

 

 

 

 

上)市内を流れる狩野川など、豊富な自然資源

 

右)地域の伝統行事には、郷土の歴史や文化がつまっています

 

伊豆の国市を映像で紹介します!

 

 

 

わたしたちの「お国」じまん

「伊豆の国」の自慢のうち、いくつかを紹介します!

2つの世界遺産を同時に見ることができます!

日本を代表する「富士山」と、平成27年に世界遺産登録された「韮山反射炉」を同時に見ることができます。自然と歴史を感じる景観は抜群です!特に、毎日異なる表情をもつ富士山を一番いい距離で見ることができ、すがすがしい気持ちで生活できるのは、伊豆の国市の大きな特徴です!

日本におけるパン発祥の地です!

兵士の兵糧を目的に、日本で初めてパンが焼かれたのが伊豆の国市です!

日本の歴史を動かした中心人物を輩出しています!

鎌倉幕府を築いた源頼朝は、伊豆の国市からその活躍が始まりました。尼将軍とよばれた北条政子のゆかりの地であり、戦国時代には北条早雲の本拠地でもありました。江戸時代に韮山反射炉の建設を開始し、お台場に砲台を整備した江川太郎左衛門は、伊豆の国市を拠点に活躍しました。

市内のあちこちに温泉があります!

伊豆半島には温泉が多くありますが、伊豆の国市には、歴史に名を残す文豪も愛した温泉がいくつもあります。

太平洋側で唯一、南から北に流れる川があります!

伊豆の国市を南北に流れる狩野川は、日本の太平洋側で唯一、南から北に流れる珍しい川で、私たちに自然の恵みをもたらしてくれます。

など、豊かな自然や、歴史、温泉などの地域資源を活かして、農業、商工業、観光業がバランスよく存在しています。
伊豆の国市は、まだまだ発展途上です。新しい何かを始めるためのフィールドとしては最適といえます。

ちょこっとQ&A

Q1伊豆の国市には、方言はありますか?

標準語にほぼ違いはありませんが、語尾に「だら」「ずら」「にゃ~」がつく、通称「伊豆弁」が使われることがあります。伊豆の国市で生活すれば、すぐに慣れていただけるかと思います。

Q2伊豆の国市の生活環境はどうですか?

伊豆半島ということで、想像いただけるとおり、伊豆の国市は、比較的温暖な気候です。市内には、市街地や田畑が多い平地と、山間地があり、市街地では国道136号沿いに商店等が存在しています。気候と同じように、比較的、のんびり・穏やかな性質の人が多く、郷土愛が強いと思われます。地域や人とのつながりが、新たなつながりを生みだすことが多々あります。

Q3どのような食べ物が有名ですか?

伊豆半島では珍しく、伊豆の国市は海に面していませんが、伊豆の国市から少し出れば、すぐに海に行くことができ、海産物も簡単に入手できます。農産物では、伊豆のイチゴやミニトマトが人気で、マーケットで高く評価されているだけでなく、冬から春にかけてのイチゴ狩り(観光体験農園)には県内外から多くの人が訪れます。山間地では、平地との気温差によって糖度の高いスイカやトウモロコシが育ち、夏の人気商品となっています。

Q4もっと詳しく知りたいのですが・・・

このページだけでは伝えることができないので、一度来ていただければ一番良いのですが、来ていただくことが難しい場合には、電話やメール等でお問合せいただければ幸いです。なお、平成27年に、伊豆の国市を紹介する映像を作成しましたので、こちらもご覧ください。

伊豆の国市の紹介映像はこちら(伊豆の国市のシティプロモーション映像

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

観光課

〒410-2292静岡県伊豆の国市長岡346-1 あやめ会館1階

電話番号:055-948-1480

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?