文字の大きさ
縮小
標準
拡大
色の変更
標準
青地に黄色
黄色地に黒
黒地に黄色
  • 音声読上げ
  • Foreign language
  • お問い合わせ
  • サイトマップ
  • 携帯サイト
  • Eメール配信サービス 防災情報などお役立ち情報

ホーム > 健康・福祉 > 高齢者福祉 > 成年後見制度について

ここから本文です。

更新日:2018年12月1日

成年後見制度について

成年後見制度とは、認知症、知的障害または精神障害などによって、判断能力が十分ではない人(ここでは「本人」といいます。)について、本人の権利を守る援助者を選ぶことで、本人を法律的に支援する制度です。法定後見制度と任意後見制度の2種類があります。

任意後見制度~判断能力が不十分になる前に~

将来、判断能力が不十分となった場合に備えて、「誰に」、「どのような支援をしてもらうか」をあらかじめ契約により決めておく「任意後見制度」が利用できます。

法廷後見制度~判断能力が不十分になってから~

家庭裁判所によって、援助者として成年後見人等(成年後見人、保佐人、補助人)が選ばれる「法定後見制度」が利用できます。利用するためには、家庭裁判所に審判の申立てをします。

本人の判断能力に応じて「後見」「補佐」「補助」の3つの制度を利用できます。

  • 後見・・・判断能力を欠くのが通常の状態の場合に、家庭裁判所が後見人を選びます。
  • 保佐・・・判断能力が著しく不十分な場合に、家庭裁判所が保佐人を選びます。
  • 補助・・・判断能力が不十分な場合に、家庭裁判所が補助人を選びます。

成年後見制度の手続きについて

成年後見制度の詳しい内容や手続きについては、静岡家庭裁判所のホームページ(外部サイトへリンク)をご参照ください。

成年後見制度の活用の検討にあたって

伊豆の国市では、成年後見制度の活用を検討いただくにあたって、フローチャートおよびガイドラインを作成しました。保健福祉・こども・子育て相談センターまたはお近くの地域包括支援センターの窓口で配布しています。


Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

保健福祉・こども・子育て相談センター

静岡県伊豆の国市田京299-6 大仁庁舎1階

電話番号:0558-76-8010

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?