文字の大きさ
縮小
標準
拡大
色の変更
標準
青地に黄色
黄色地に黒
黒地に黄色
  • 音声読上げ
  • Foreign language
  • お問い合わせ
  • サイトマップ
  • 携帯サイト
  • Eメール配信サービス 防災情報などお役立ち情報

ホーム > まちづくり > 開発・建築・景観の規制等 > 屋外広告物の安全管理について

ここから本文です。

更新日:2018年10月4日

屋外広告物の安全管理について

近年、建物の壁面に設置されていた突出し看板の一部が強風により落下し通行人が意識不明の重体となるなど、看板による事故が全国的に発生しています。
屋外広告物の経年劣化だけでなく、近年の台風やゲリラ豪雨など自然環境を要因とする安全への脅威も高まっています。屋外広告物の事故は公衆に危害を及ぼすだけでなく、広告主や管理者にとって積み重ねた信頼や信用を一瞬で損ない、ときには賠償責任を負うことにもなりかねません。

報道されている看板事故は、人身事故を伴う場合などのごく一部に過ぎません。

あなたの看板は大丈夫ですか。

安全な看板でお客様に選ばれる会社やお店に!

看板の安全管理には、日常点検による早期発見、危険サインへの早期対応、保守管理のスケジュール化の3ステップが不可欠です。安全な看板はお店や会社のイメージをアップし、信用・信頼を担います。

1.日常点検による早期発見

表面はきれいでも、内部では腐食が進んでいるかもしれません。日常的に「危険サイン」のチェックをしましょう。

2.危険サインへの早期対応

「危険サイン」を見つけたら、詳細な点検や補修を依頼しましょう。放っておくと取り換えや改修に費用が掛かり、自己のリスクも高まります。

3.許可更新申請時に総合点検

許可更新申請のタイミングで総合的な点検や補修をしましょう。看板を安全に長持ちさせるには、保守管理のスケジュール化が大切です。

(市内において屋外広告物を表示・設置するには多くの場合に許可申請が必要です。許可には期限(3年以内)があり、引き続き広告物を表示・設置する場合には、許可の更新申請が必要です。)

【参考資料】

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

都市計画課

静岡県伊豆の国市長岡184-2 伊豆の国市役所伊豆長岡庁舎別館2階

電話番号:055-948-2909

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?