ホーム > 健康・福祉 > 新型コロナウイルス関連情報 > 新型コロナウイルス感染対策徹底のお願い

更新日:2022年7月15日

ここから本文です。

新型コロナウイルス感染対策徹底のお願い

静岡県の新型コロナウイルスの感染状況や医療ひっ迫状況等(7月12日更新)

 

引き続き感染対策の徹底をお願いします。

■⼀⼈ひとりができる新型コロナウイルス感染症対策は?

感染経路の中⼼は⾶沫感染及び接触感染です。
⼈と⼈との距離をとること(Social distancing; 社会的距離)、外出時はマスクを着⽤する、家の中でも咳エチケットを⼼がける、さらに家やオフィスの換気を⼗分にする、⼗分な睡眠などで⾃⼰の健康管理をしっかりする等で、⾃⼰のみならず、他⼈への感染を回避するとともに、他⼈に感染させないように徹底することが必要です。
また、閉鎖空間において近距離で多くの⼈と会話する等の⼀定の環境下であれば、咳やくしゃみ等の症状がなくても感染を拡⼤させるリスクがあるとされています。無症状の者からの感染の可能性も指摘されており、油断は禁物です。
これらの状況を踏まえ、「3つの密(密閉・密集・密接)」の回避、マスクの着⽤、⽯けんによる⼿洗いや⼿指消毒⽤アルコールによる消毒や咳エチケットの励⾏などをお願いします。

(1)「3つの密(密閉・密集・密接)」の回避

感染を予防するためには、基本的な感染予防の実施や不要不急の外出の⾃粛、「3つの密」を避けること等が重要です。

1.密閉空間(換気の悪い密閉空間である)

2.密集場所(多くの⼈が密集している)

3.密接場⾯(互いに⼿を伸ばしたら届く距離での会話や共同⾏為が⾏われる)

という3つの条件のある場では、感染を拡⼤させるリスクが⾼いと考えられています。
また、屋外でも、密集・密接には要注意。⼈混みや近距離での会話、特に⼤きな声を出すことや歌うこと、激しい呼気や⼤きな声を伴う運動は避けましょう。

他の人と十分な距離を取る窓でドアを開けこまめに換気を!野外でも密集するような運動は避けましょう飲食店でも距離を取りましょう会話をするときはマスクをつけましょう電話やエレベーターでは会話を慎みましょう

(2)⼿洗い

ドアノブや電⾞のつり⾰など様々なものに触れることにより、⾃分の⼿にもウイルスが付着している可能性があります。外出先からの帰宅時や調理の前後、⾷事前などこまめに⽯鹸で⼿を洗いましょう。アルコール消毒をしましょう。洗っていない⼿で⽬や⿐、⼝などを触らないようにしてください。
正しい手の洗い方

(3)咳エチケット

 

咳エチケットとは、感染症を他者に感染させないために、咳・くしゃみをする際、マスクやティッシュ・ハンカチ、袖、肘の内側などを使って、⼝や⿐をおさえることです。

対⾯で⼈と⼈との距離が近い接触(互いに⼿を伸ばしたら届く距離でおよそ2mとされています)が、⼀定時間以上、多くの⼈々との間で交わされる環境は、リスクが⾼いです。感染しやすい環境に⾏くことを避け、⼿洗い、咳エチケットを徹底しましょう。

3つの咳エチケット>咳エチケットNG

 

※熱中症対策とマスクの着用について

屋外で身体的距離が確保できる、会話を行わない行動など、一定の条件下であればマスクを着用しなくても構いません。ただし、いつでも着用できるよう、マスクは常に持ち歩いてください。

(4)普段の健康管理

普段から、十分な睡眠とバランスのよい食事を心がけ、免疫力を高めておきます。

(5)適度な湿度を保つ

空気が乾燥すると、のどの粘膜の防御機能が低下します。乾燥しやすい室内では加湿器などを使って、適切な湿度(50~60%)を保ちます。

(6)十分な換気を行う

季節を問わず、新型コロナウイルス対策には、こまめな換気が重要です。
一般家庭でも、建物に組み込まれている常時換気設備や台所・洗面所の換気扇により、室温を大きく変動させることなく換気を行うことができます。常時換気設備や換気扇を常時運転し、最小限の換気量を確保しましょう。
 

静岡県からの呼びかけ<外部サイト> 

 

 

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ先

健康づくり課(感染症対策室)

〒410-2123静岡県伊豆の国市四日町210-3 韮山福祉・保健センター

電話番号:055-957-0028

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?