ホーム > 健康・福祉 > 健康・救急 > 新型コロナウイルスワクチン接種済証について

更新日:2021年7月21日

ここから本文です。

新型コロナウイルスワクチン接種済証について

新型コロナウイルスワクチンの予防接種済証について

新型コロナウイルスワクチンを接種した人には、ワクチン接種会場で「新型コロナウイルスワクチン接種済証」または「新型コロナウイルスワクチン接種記録書」が発行されます。

〔接種済証〕接種券台紙の右側に、ワクチンのロット番号シールを貼付し、接種年月日・場所を記載。

〔接種記録書〕ワクチンの先行接種を受けた人(医療従事者等、高齢者施設等の従事者など)に発行。ワクチンのロット番号シールを貼付し、接種年月日・場所を記載。

接種歴を証明するものとして、接種済証も接種記録書も変わりません。接種を受けた後は、大切に保管してください。

新型コロナウイルスワクチン予防接種済証発行の申請方法

接種記録書を持っている人(先行接種者)は、特別な理由がない限り、自治体が発行する接種済証を申請する必要はありません。

なお、ワクチン接種会場で発行するものと同じ様式の接種済証・接種記録書を再発行することはできません。発行の申請をする人には、接種記録の証明を発行します。(海外渡航者向けのいわゆる「ワクチンパスポート」ではありません。)

対象者(伊豆の国市に住民票がある人)

  • 接種記録書を持っていて、伊豆の国市が発行する接種済証が必要な人。
  • 接種済証を紛失、破損・汚損した等の理由があり、接種済証が必要な人。

受付方法

郵送または健康づくり課窓口での書類申請。

ワクチン接種状況等の確認後の発行になるので、受付から2週間程度かかります。

申請に必要な書類

ワクチン接種証明書(ワクチンパスポート)について

海外の渡航先への入国時に、新型コロナウイルスワクチン接種の事実を公的に証明する接種証明書です。

ワクチンパスポートについて

副反応が起きた場合の健康被害救済制度

ワクチン接種後に健康被害が生じた場合は、予防接種法に基づく救済(医療費・障害者年金等の給付)を受けることができます。

予防接種健康被害救済制度(厚生労働省の関連情報)(外部サイトへリンク)

健康被害救済制度について(外部サイトへリンク)

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ先

健康づくり課

〒410-2123静岡県伊豆の国市四日町302-1 韮山福祉・保健センター1階

電話番号:055-949-6820

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?