ホーム > まちづくり > 地域公共交通 > 地域公共交通基本計画を策定しました

更新日:2019年2月21日

ここから本文です。

伊豆の国市地域公共交通基本計画の策定について

伊豆の国市は、平成26年12月に「伊豆の国市地域公共交通基本計画」を策定しました。

本計画は、「第1次総合計画後期基本計画(平成24年3月策定)」及び「都市計画マスタープラン(平成23年3月策定)」を上位計画とし、他分野の計画や基本方針との整合性を図り計画しました。

今後は、この基本計画に沿って、市民・交通事業者・行政が連携・協力した地域公共交通を支える取り組みを行っていきます。

kazoku

地域公共交通基本計画の概要について

(1)目標年次

平成26年度から平成35年度(10年間)

(2)計画の基本理念

地域特性に合った持続可能な交通システムの実現を図り、市民の快適な暮らしを確保する

~子ども達や高齢者が自ら快適に行動できるまちの実現を目指して~

(3)計画の基本方針

1.子どもの安全・安心の確保と子育てを支える公共交通

2.高齢者等の自由な移動を支える公共交通

3.来訪者への情報提供と利便性の高い公共交通

4.市民の日常生活の移動を確保する公共交通

5.市民・交通事業者・行政の協働による公共交通の育成・支援

伊豆の国市地域公共交通基本計画(本編)

伊豆の国市地域公共交通基本計画をご覧ください。

伊豆の国市地域公共交通基本計画(ダイジェスト版)

伊豆の国市地域公共交通基本計画(案)のパブリックコメント結果について

伊豆の国市政策推進課では、「伊豆の国市地域公共交通基本計画(案)」に関して、市民の皆様からのご意見の募集を実施したところ、多くのご意見をいただきました。いただいたご意見に対する伊豆の国市と伊豆の国市地域公共交通会議の考え方を別紙のとおりまとめましたので公表いたします。

ご協力ありがとうございました。

意見数

  • 16人から38件

地域公共交通基本計画策定の趣旨・背景について

近年、伊豆の国市(以下、「本市」という。)の公共交通は、利用者減少に伴う事業の縮小や廃止が行われ、路線バスが運行しない「交通空白地域」の拡大や運行便数の減便等により、結果的に利用者にとって不便なものとなったうえ、更に利用者が減少するという悪循環に陥っています。
一方、子どもたちや自家用車を使わない高齢者等の「交通弱者」の移動手段の確保や環境負荷の低減、地域コミュニティの活性化等の観点から、地域における公共交通に対するニーズと、その果たす役割の重要性が高まってきています。移動手段の確保は、市民が安心・安全な生活を続けていくために必要不可欠な施策となります。
以上のことから、本市の地域公共交通のあるべき姿を提示し、持続可能な交通システムを構築していくため、「伊豆の国市地域公共交通基本計画」(以下、「本計画」という。)を取りまとめました。
公共交通は、自動車を運転しない方をはじめ、一般市民の生活に深く関係することから、意見公募を実施するものです。

bustaxi

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ先

政策推進課

〒410-2292静岡県伊豆の国市長岡340-1 伊豆の国市役所伊豆長岡庁舎2階

電話番号:055-948-1413

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?