ホーム > 市政 > 広報 > フォトニュース > フォトニュース(平成30年4月) > 4月21日国際交流員が子どもたちにモンゴルの遊びを紹介

更新日:2018年4月24日

ここから本文です。

4月21日国際交流員が子どもたちにモンゴルの遊びを紹介

4月21日国際交流員が子どもたちにモンゴルの遊びを紹介1

子どもたちとシャガイで遊ぶ

国際交流員ムンフジャルガルが、大仁くぬぎ会館こども広場で、子どもたちにモンゴルの遊びを紹介しました。
紹介した遊びは、「シャガイ(くるぶし)ネスラフ(はじく)」というヒツジのくるぶしの骨をウマ、ラクダ、ヒツジ、ヤギの4種類の動物にたとえて指ではじいて遊ぶもので、日本のおはじきに似た遊びです。参加した子どもたちは、すぐにルールを覚え、笑顔で遊んでいました。
また、この日はシャガイネスラフの紹介のほか、モンゴルの紹介や民族衣装の紹介なども行われました。子どもたちは、普段あまり触れることのないモンゴル文化に興味津々といった様子でした。

4月21日国際交流員が子どもたちにモンゴルの遊びを紹介2

子どもたちに自己紹介

4月21日国際交流員が子どもたちにモンゴルの遊びを紹介3

民族衣装の紹介も

お問い合わせ先

市長公室

〒410-2292静岡県伊豆の国市長岡340-1 伊豆の国市役所伊豆長岡庁舎2階

電話番号:055-948-1431

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?