ホーム > 市政 > 広報 > フォトニュース > フォトニュース(令和元年5月) > 5月26日「韮山反射炉で舞う伝統芸能・三番叟の饗宴」を開催

更新日:2019年5月30日

ここから本文です。

5月26日「韮山反射炉で舞う伝統芸能・三番叟の饗宴」を開催

5月26日「韮山反射炉で舞う伝統芸能・三番叟の饗宴」を開催1

一人で軽快に舞う荒木神社の「三番叟」

静岡DC(デスティネーションキャンペーン)の伊豆の国市伝統芸能公演「韮山反射炉で舞う伝統芸能 三番叟の饗宴」を、反射炉史跡内の特設舞台で開催しました。荒木神社(原木)、守山八幡宮(寺家)、広瀬神社(田京)の祭礼で行われている三番叟を地元の演者が、韮山反射炉を背に披露。公演に訪れた約200人の観衆は、幽玄な三番叟の舞に引き込まれていました。
市内では、今回演じられた3地区のほか、熊野神社(三福)と大仁神社(大仁)でも三番叟が行われています。10月から11月にかけての祭礼で、5地区の三番叟めぐりをしてみてはいかがでしょうか。

5月26日「韮山反射炉で舞う伝統芸能・三番叟の饗宴」を開催2

翁(おきな)の息遣いに緊張感が高まる守山八幡宮の「三番叟」

5月26日「韮山反射炉で舞う伝統芸能・三番叟の饗宴」を開催3

小学生が千代(せんだい)、黒木尉(くろきじょう)を舞う広瀬神社の「式三番叟」

お問い合わせ先

観光課

〒410-2292静岡県伊豆の国市長岡346-1 あやめ会館1階

電話番号:055-948-1480

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?