ホーム > 市政 > 広報 > フォトニュース > フォトニュース(令和4年2月) > 2月21日ベンチの輪、広がっています!伊豆総合高校の生徒が大仁梅林に手作りベンチを寄贈

更新日:2022年3月2日

ここから本文です。

2月21日ベンチの輪、広がっています!伊豆総合高校の生徒が大仁梅林に手作りベンチを寄贈

大仁梅林ベンチ01

参加者で記念撮影

2月21日、手づくりベンチの寄贈式が大仁梅林で行われました。このベンチは、伊豆総合高校工業科建築デザイン類型の3年生6名により、どのようなベンチが良いかなど、製作担当の生徒が地元住民に現地でヒヤリングを行い、約1年の期間をかけて設計・製作されました。材料の木材は約60年前に植林された学校林から檜材を切り出し、製材をしたものです。半世紀前の先輩たちが“未来の後輩のために”と残してくれたものを大切に活用し、ベンチ製作に繋げました。寄贈式に参加した生徒は「安心して座ってもらえるよう、細かいところまで丁寧に作成した。」と笑顔で話していました。

大仁梅林ベンチ02

最後の仕上げに記念プレートをベンチに固定

大仁梅林ベンチ03

寄贈されたベンチには記念プレートが貼られています

お問い合わせ先

福祉こども相談センター

静岡県伊豆の国市田京299-6 大仁庁舎1階

電話番号:0558-76-8010

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?