ホーム > 学び・文化 > スポーツ > 自転車競技紹介

更新日:2020年5月27日

ここから本文です。

自転車競技紹介

静岡県で開催される東京2020オリンピック・パラリンピック自転車競技の種目について紹介します。

オリンピック(トラック競技)

伊豆ベロドロームで開催されるオリンピック種目のうちトラック競技は全部で6種目あります。競技場は1周250メートルの木製バンクで行われ、ブレーキもギアもない専用の自転車を使用します。スピードと持久力が必要とされる競技です。

スプリント

タイムを競う個人戦。予選では1名ずつ競技場を3.5周(875メートル)を走行し、最後の200メートルのタイムの上位選手が決勝トーナメントへ進出する。決勝トーナメントは2名で競技場を3周(750メートル)し、先にフィニッシュラインを通過した選手が勝者となるため、決勝で先にフィニッシュラインを通過した選手が優勝となる。

見どころ

選手同士の位置取りや仕掛けるタイミングの駆け引き、トップスピードでフィニッシュする迫力

ケイリン

7名以内で実施される個人戦で、自転車競技の中で国内において、一番馴染みのある競技である。競技場を6周(1500メートル)を横一列でスタートする。レースの途中まで、ペーサーという先頭誘導車が選手を誘導し、最後の750メートルでペーサーが離脱した後、一番最初にフィニッシュラインを通過した選手が勝利となる。

見どころ

前半のポジション争いの駆け引きとペーサーが離脱したラスト1周のトップスピードによる順位争い

オムニアム

1日で4つのレースを行い、各レースの合計獲得ポイントで順位を争う個人戦である。最初の3種目は順位によってポイントが与えられる。1種目でもスタートできなかった選手は以後の種目に参加できず、DNF(フィニッシュせず)として最下位となる。最終種目は周回ごとにポイントが与えられる。

オムニアムで行われる4種目(すべて多数の選手が一斉にスタートする)

  • スクラッチ:フィニッシュの着順が順位となる。
  • エリミネーション:2周回ごとに最下位の選手が脱落していき、判定できない場合には次周に持ち越される。
  • テンポレース:最初の5周以降、周回ごとに1位通過者に1ポイントが付与される。1周回って主集団に追いついた場合には、20ポイントが付与される。
  • ポイントレース:10周ごとに通過した順にポイントが付与され、30キロメートル走行する。1周回って主集団に追いついた場合には、20ポイントが付与される。

見どころ

自転車種目のすべての要素が必要となり、短距離や持久力のすべての能力を必要とされる自転車の総合競技

チームスプリント

男子は3人1組、女子は2人1組で行う団体戦である。2チームがトラックの正反対の位置からスタートし、一周ごとに先頭の選手が離脱していく。最後の走者が先にフィニッシュしたチームが勝利となる。

見どころ

全選手がスピードを落とさずにフィニッシュまで走り抜けていく豪快さ

チームパシュート(団体追抜)

4人1組でタイム競う団体戦である。チームスプリントと同様に、2チームがトラックの正反対の位置からスタートし、先頭を交代しながら3番目の選手がフィニッシュしたタイムで勝者を決定する。また相手チームを追い抜いても、勝者となる。以前冬季オリンピックで話題となったスピードスケートのチームパシュートと同じような種目である。

見どころ

空気抵抗を最小限とするため、仲間を守りあいながら行われるチームワーク

マディソン

2人1組となり、1度に10組程度で行われる団体戦である。2人の選手が交代しながら周回し、10周ごとにポイントが付与される。最終の周回では、ポイントが倍与えられる。1人が走行している間、もう1人は外側の手すりで待機し、お互い体に触れるかタッチすることで交代をするリレーのような競技である。

見どころ

トップスピードで走行中の選手が交代するときに、待機中の選手が加速するために手を引いて放つ"ハンドスリング"

オリンピック(マウンテンバイク競技)

伊豆サイクルスポーツセンターで開催されるオリンピックで唯一のマウンテンバイク競技となります。

クロスカントリー

マラソンのように一斉にスタートし、1周5キロメートルほどの未舗装の周回コースを規程の周回を走破して順位を競う。コースには急坂や1人しか走行できない"シングルトラック"と呼ばれる部分などがあり、コースの特徴に合わせた走行で順位が左右される。途中には、"フィード/テクニカルアシスタンスゾーン"があり、自転車の修理や飲食物の提供が受けられる。伊豆サイクルスポーツセンターにできたコースは、伊豆をテーマに作られており、天城越えや伊豆半島などの名前のついている。

見どころ

その日の状況によりコースの状態も異なるため、選手はその日の状況を把握しながら、スピードとテクニックを駆使し、特徴を生かしたレース一発勝負の戦い

オリンピック(ロード競技)

富士スピードウェイをメイン会場として開催されるオリンピック種目のうちロード競技は2種目あります。

個人ロードレース

交通規制された一般道路などを使用し、上り坂、下り坂などを取り入れたコースを設定し、着順で勝者が決まる。東京2020オリンピックでは、東京の武蔵野の森公園をスタートし、富士スピードウェイをゴールとするコースとなっている。男子244キロメートル、女子147キロメートルで争われ、獲得標高が4,865メートルという、オリンピック過去最高クラスの過酷なコースとなっている。

見どころ

選手の戦略による駆け引きと個人戦ながらチームのエースを勝たせるために他のチームメイトが全力でサポートしするチーム戦

個人タイムトライアル

交通規制された一般道路などを利用し、比較的平坦な道路で行われ、スタートからフィニッシュまでの走行タイムを競う。東京2020オリンピックは富士スピードウェイをスタートとゴールとし、1周22.1キロメートルのコースを男子は2周、女子は1周するタイムで競う。選手が1人ずつが時間差でスタートし、フィニッシュタイムとスタートタイムの差が記録となる。

見どころ

全選手がゴールするまで順位が確定しない、最後までのワクワク感

パラリンピック

パラリンピックは障がいの種類に応じて、4つの競技クラスに分かれており、それぞれのクラスで異なる自転車が使用されて行わます。

4つのクラス

  • Cクラス:通常の二輪車(切断、機能障害、麻痺など)トラックとロード競技
  • Bクラス:二人乗り自転車タンデム(視覚障害)トラックとロード競技
  • Tクラス:三輪自転車トライシクル(麻痺など)ロード競技
  • Hクラス:手こぎ自転車ハンドサイクル(脊髄損傷等による下半身不随)ロード競技

競技種目

東京2020パラリンピックの競技種目はトラックが3種類、ロードが3種類となっています。

トラック競技

タイムトライアル(C、Bクラス)

Bクラスの男女とCクラスの男子が1キロメートル、Cクラスの女子が500メートルを走行したタイムで順位を競う。

個人パシュート(C、Bクラス)

男子BクラスとCクラスの一部が4キロメートル、それ以外のクラスが3キロメートル走行し、予選タイム上位4人で準決勝と決勝を競う。

チームスプリント(Cクラスのみ)

男女混合の3選手がチームとなり、3周してタイムを競う。チームは性別と障害の程度によって決められているポイントが10ポイント以内で編成される。

ロード競技

個人ロードレース(全クラス)

一斉にスタートし、最初にゴールした選手が勝利となる。

個人タイムトライアル

時間差でスタートし、クラスごとに決められた距離を走行し、タイムを競う。

チームリレー(Hクラスのみ)

ハンドサイクルの男女混合3選手で行われるリレー。チームは性別と障害の程度によって決められているポイントが6ポイント以内で編成される。

 

お問い合わせ先

スポーツ振興課

〒410-2292静岡県伊豆の国市長岡346-1 あやめ会館1階

電話番号:055-948-1460

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?