ホーム > 学び・文化 > 公民館講座 > 公民館講座『おいしい!簡単!災害時ごはんの作り方』

更新日:2020年10月1日

ここから本文です。

公民館講座『おいしい!簡単!災害時ごはんの作り方』

こちらの講座は終了しました。1時間の短い時間でしたが、「包装食袋」であっという間にご飯とカレーを作り、災害時に家庭でご飯を作る工夫や大切さを教えていただきました。

災害時ごはんのちらし

公民館講座『おいしい!簡単!災害時ごはんの作り方』ちらし(PDF:561KB)

概要
とき 令和2年9月24日(木曜日)10時30分から11時30分
ところ 長岡中央公民館(あやめ会館)1階調理実習室・研修室1
講師

天野えり子さん(伊豆の国市赤十字奉仕団韮山分団)

参加料 300円(日本赤十字社静岡県支部の助成あり)
対象 20歳以上の方
定員 15名(人数超過の場合は市民優先で抽選)
内容
  • 袋一つでご飯とカレーをそれぞれ作ります。
  • 「包装食袋」で作る簡単レシピをいくつか紹介します。
  • 作った料理は袋のままお持ち帰り。おうちでランチができます。
持ち物 エプロン、マスク、三角巾、タオル

申込み

期間

9月2日(水曜日)8時30分から9月11日(金曜日)17時まで。

電話(055-948-1461)でお申し込みください。また下記お問い合わせフォームからもお申込みできます。

「災害時ごはんの作り方講座希望」と必要事項をご記入の上、ご応募ください。

講座の様子

講師の天野さん 白米を包装食袋に 白飯をゆでる
講師の天野さんが包装食袋を説明 包装食袋に白米と水をセット グループ毎お鍋で白米をゆでる
カレーの準備 カレーをゆでる レシピの紹介
白米を煮ている間にカレーを準備 カレーは大きなお鍋で! 色々なレシピと災害時の対応の講義

受講者の声

  • 簡単でおいしい災害時の料理の仕方を丁寧に教えていただきました。いつ何時災害にあうかわからないため、教えていただいたことを参考に備えておきたいと思います。
  • 工夫された料理で、普段の生活の中でも使える料理のレシピでした。
  • 町内会で炊き出しをしていますが、もっと簡単にできる方法を学ぶことができたので、家でもやってみたいと思いました。

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ先

生涯学習課

静岡県伊豆の国市長岡346-1 あやめ会館1階

電話番号:055-948-1461

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?