ホーム > 事業者の方 > 伊豆の国市市有地活用公募型プロポーザルの実施について(公募は終了しました)

更新日:2020年3月2日

ここから本文です。

伊豆の国市市有地活用公募型プロポーザルの実施について(公募は終了しました)

応募申込受付は令和2年2月21日(金曜日)をもって終了しました。

提案書の応募はありませんでした。

 

「浮橋温泉」を売却します。

市では、浮橋温泉を活用し新たな活力を創出するため、創意工夫のノウハウを持つ民間事業者などの柔軟な発想・企画による提案を募り、公募型プロポーザル方式により、温泉・用地の活用を行う個人はまた法人などを募集します。

詳しくは、実施要領をご確認ください。

売却物件詳細

詳細
所在地 伊豆の国市浮橋字奥田平1151番3
登記面積 306平方メートル
登記地目 山林
現況地目 雑種地(鉱泉地を含む)
都市計画区域

都市計画区域内(市街化調整区域)

【原則、建築物の建築はできません。】

浮橋温泉の分析書(写) 分析書(写)(PDF:1,617KB)
地積測量図(写) 地積測量図(写)(PDF:764KB)
土地登記簿謄本(写) 土地登記簿謄本(写(PDF:985KB)
公図(写) 公図(写)(PDF:511KB)

買受人決定方法

公募型プロポーザル実施し、その最優秀提案者を買受人に決定します。

最低売却額

182,000円

売却条件(対象物件の有効活用の考え方)

1.浮橋地区の地域活性化に資するとともに、周辺環境に十分配慮すること。

2.浮橋温泉を活用し、地域に対いて温泉の配当を実施するとともに、温泉を活用した地活性化などが期待できること。ただし、現在、温泉揚湯ポンプが故障していることを踏まえ、活用を立案すること。

3.現在の施設に係る修繕費は、提案者の負担とし、市では一切負担しない。

4.提案者において温泉揚湯ポンプを修繕した後、浮橋温泉の井戸の枯渇等により温泉の揚湯が出来ない場合でも、伊豆の国市は、一切の責任を負いません。

5.現地に設置されている浮橋温泉に関する全ての設備及びその他の全ての埋設設物に関する瑕疵について、伊豆の国市は一切の責任を負いません。

6.風俗営業等の規制及び業務の適正化等に関する法律(昭和23年法律第122号)第2条第1項に規定する風俗営業、同条5項に規定する性風俗関連特殊営業その他これらに類する業及び暴力団による不当な行為の防止等に関する法律(平成3年法律第77号)第2条第2号に規定する暴力団の事務所の用に使用してはならないこと。

スケジュール

スケジュール
日程 内容

令和2年1月31日(金曜日)

~令和2年2月21日(金曜日)

公告・実施要領の配布

令和2年1月31日(金曜日)

~令和2年2月20日(木曜日)

質疑応答
令和2年1月31日(金曜日) 応募申込書受付開始
令和2年2月21日(金曜日) 応募申込書受付締切
令和2年2月14日(金曜日) 提案書受付開始
令和2年2月28日(金曜日) 提案書受付締切
令和2年3月10日(火曜日) プロポーザル審査(プレゼンテーション)
令和2年3月16日(月曜日) 候補者決定(審査決定通知)
令和2年3月23日(月曜日) 土地の売買契約締結
令和2年3月下旬 売買代金の支払い
令和2年4月上旬 対象地の引き渡し(所有権移転登記手続き)

 

応募資格要件

  1. 応募できる者は、個人及び法人(地方公共団体を含む。)とします。
    複数の者が共同して応募を行うことも可能とします。また、その場合は、共同事業者等の中から代表となる者が窓口になることとします。
  2. 特別の理由のある場合を除くのほか、成年後見人または、破産者で復権を得ていない人、伊豆の国市税を滞納している方(ただし、伊豆の国市税を課税されていない市外在住者で、個人にあっては所得税、法人にあっては、法人税を滞納している方)は応募できません。
  3. 伊豆の国市の行った普通財産の売り払いに関し、次の各号のいずれかに該当する者は、当該事実のあった日から2年間は応募できません。
    1. 契約の履行に当たり、故意に工事若しくは製造を粗雑にし、又は物件の品質若しくは数量に関して不正の行為をした者
    2. 競争入札又はせり売りにおいて、その公正な執行を妨げた者又は公正な価格の成立を害し、若しくは不正の利益を得るために連合した者
    3. 落札者が契約を締結すること又は契約者が契約を履行することを妨げた者
    4. 地方自治法第234条の2第1項の規定による監督又は検査の実施に当たり職員の職務の執行を妨げた者
    5. 正当な理由がなくて契約を履行しなかった者
    6. 前各号の一に該当する事実があつた後2年を経過しない者を契約の履行に当たり代理人、支配人その他の使用人として使用した者
    7. 地方自治法施行令(昭和22年政令第16号。以下「政令」という。)第167条の4の規定に該当する者
    8. 次の各法による手続開始申立てをした者及び第三者によって申立てを受けた者
      破産法(平成16年法律第75号)
      会社更生法(平成14年法律第154号)
      民事再生法(平成11年法律第225号)
    9. 次の要件のいずれかに該当する者及び警察当局から排除の要請がある者
      • 暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律(平成3年法律第77号。以下「不当行為防止法」という。)第2条第2号に規定する暴力団(以下「暴力団」という。)
      • 不当行為防止法第2条第6号に規定する暴力団員(以下「暴力団員」という。)
      • 入札対象物件を、落札後、暴力団の事務所その他これに類するもの(公の秩序又は善良な風俗に反する目的その他社会通念上不適切と考えられるもの)の用に供しようとする者
    10. 次の要件のいずれかに該当する者
      • 法人の役員又はその支店若しくは営業所を代表する者で役員以外の者が暴力団員である者
      • 自己、自社若しくは第三者の不正の利益を図る目的又は第三者に損害を与える目的をもって暴力団員を利用している者
      • 暴力団若しくは暴力団員に対して資金等を供給又は便宜を供与する等、直接的若しくは積極的に暴力団の維持運営に協力若しくは関与している者
      • 暴力団若しくは暴力団員と社会的に非難されるべき関係を有している者
      • 暴力団若しくは暴力団員であることを知りながら、これを不当に利用している者・上記に該当する者の依頼を受けて、プロポーザルに参加しようとする者
    11. 無差別大量殺人行為を行った団体の規制に関する法律(平成11年法律第1477号)の適用を受ける団体若しくはこの団体に属している者及びこれらの者と取引のある者

応募申込方法

専用の申込用紙(下記の様式集からダウンロードもしくは、市役所地域づくり推進課の窓口にて入手。)を使って2月21日(金曜日)までにお申し込みください。

関係書類の配布

1.申込書等配布期間和2年1月31日(金曜日)から令和2年2月21日(金曜日)まで

(伊豆の国市の休日を定める条例(平成17年伊豆の国市条例第2号)第1条に規定する市の休日(以下「閉庁日」という。)を除く)

2.配布時間前9時から午後5時まで(正午から午後1時を除く)※応募状況の照会にはお答えできません。

3.配布場所伊豆の国市役所総務部地域づくり推進課

伊豆の国市長岡340番地1伊豆の国市役所1階

応募申込書等の受付

1.受付期間和2年1月31日(金曜日)から令和2年2月21日(金曜日)まで(閉庁日を除く)

2.受付持間前9時から午後5時まで(正午から午後1時を除く)

3.受付場所豆の国市役所総務部地域づくり推進課伊豆の国市長岡340番地1伊豆の国市役所1階

4.提出方法接持参とし、郵送等は不可。

  • 募集物件に対し、1者1回に限ります。
  • 上記受付時間外に提出された書類は一切受理しません。
  • 提出書類は返却しません。

申込様式等

市有地活用公募型プロポーザル様式集(ワード:56KB)

様式一覧
提出区分 様式番号 提出書類 備考
応募に関する様式・資料 様式1 公募型プロポーザル応募申込書  
様式2

提案者概要書

参考としてパンフレット等添付可(個人は不要)

様式3 誓約書 共同事業者がいる場合は、事業者すべて
添付資料 定款またはこれに相当する書類 (個人は不要)

法人の場合にあっては法人登記簿謄本

個人の場合にあっては当該個人の住民票

 
決算書類過去3期分(貸借対照表、損益計算書、キャッシュフロー計算書等) (個人は不要)
納税証明書 発行後3箇月以内のもの
印鑑証明書 発行後3箇月以内のもの
提案に関する様式・資料 様式4 土地活用企画事業提案書  
様式5 土地買受希望価格書 (金額の訂正はできません)
様式6 土地活用企画提案事業計画書 (様式不問ですが、以下の項目を、記載すること)
項目1 提案の趣旨 基本的な考え(コンセプト)を記入
項目2 計画の概要 温泉利用、施設修繕等の計画概要
項目3 企画提案に際して考慮した事柄  
項目4 土地活用企画提案事業スケジュール 契約後から事業完了までの主な工程
項目5 土地活用企画提案事業収支計画書 概算事業費・資金調達計画
項目6 平面図・立面図等 必要に応じて添付
その他 様式7 質問票 必要に応じて提出
様式8 事業提案応募辞退届 辞退される場合のみ
様式9 買受申込書 売却手続時

※様式6の記載内容については、応募者名が安易に推測できる内容とならないこととする。

資料の綴じ方の注意点

  1. 提出資料は以下の要領で、A4サイズのフラットファイルに綴じてください。
    1. 全体の目次
    2. 資料の綴じる順番は、関係資料一覧の順番とする。
    3. 左側で閉じる。
    4. 全体をフラットファイルに綴じる。
    5. 資料は、A4サイズとする。
    6. 図面などで、A3となる場合は折りたたんでください。また、A4サイズより小さくなる場合は、台紙に貼り付けてください。
  2. フラットファイルの表紙等の記入方法
    原本については、表紙及び背表紙に、応募者名を記入してください。
  3. 提出部数及び枚数制限
    1. 応募に関する様式・資料
      様式1から様式3及び添付資料は、原本1部副本1部(副本はコピー可)
    2. 提案に関する様式・資料
      1. 様式4本1部副本2部(副本はコピー可)
      2. 様式5本1部
      3. 様式66
注意事項
  • 土地活用企画提案事業計画書(様式6)は、20ページ以内としてください。
    また、様式6を作成するにあたり、応募者名が安易に推測できるものとならないようにしてください。
  • 企画提案書に関する資料は、A4サイズとし図面などでA3となる場合は折りたたんでください。
  • 共同事業者等による応募の場合は、応募代表者が提出してください。

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ先

地域づくり推進課

〒410-2292静岡県伊豆の国市長岡340-1 伊豆の国市役所伊豆長岡庁舎1階

電話番号:055-948-1412

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?