ホーム > くらし > 市民向け補助制度 > 被災住宅の応急修理制度について

更新日:2019年12月3日

ここから本文です。

被災住宅の応急修理制度について

台風19号により被災された皆様に対しまして、謹んでお見舞い申し上げます。
このたびの台風19号により、住宅に被害を受けられた下記対象者の皆様は、災害救助法に基づく「住宅の応急修理制度」を利用できます。
この制度は、被害を受けた住宅で日常生活に欠くことのできない必要最小限の部分について、市が業者に依頼し、修理費用(上限あり)を市が直接業者に支払う制度です。

この制度の利用を希望される方は、伊豆の国市都市計画課(055-948-2909)にお申し込みください。

※すでに工事の手続きを始めた方は、至急ご相談ください。

対象者

対象
り災程度 要件 補助限度額
(税込)
一部損壊
(準半壊)

自らの資力では応急修理をすることができない

「資力に関する申出書(様式2)」の提出が必要です。

300,000円
半壊

595,000円

大規模半壊 資力要件なし

床下浸水、り災証明書で「一部損壊(10%未満)」の住宅は、対象となりません。

応急修理の範囲

住宅の応急修理の対象範囲は、床の修理、ドア等の開口部、水道・電気等の配管・配線、トイレ等の衛生設備の日常生活に必要で欠くことのできない部分であって、緊急に応急修理を行うことが適当な箇所です。

  1. 台風19号による被害と直接関係ある修理のみが対象となります。
  2. 内装に関するものは原則として対象となりません。(内部建具等、対象範囲が拡大されました)
  3. 家具・家電製品は対象となりません。

※畳だけの交換は対象外ですが、下地と併せて行う畳の交換は、枚数の上限設定(6畳まで)がなくなりました。(最新)

※著しい損傷がある内部建具(ドア、ふすま等)は、応急修理の対象になりました。(最新)

※内壁の仕上材(クロス等)のみの交換は対象外ですが、下地と併せて行う内壁の修理は、応急修理の対象になりました。(最新)

応急修理の流れ

伊豆の国市都市計画課へ申込み後、申込者が指定された修理業者を指名し、見積りを依頼します。その後、市が修理内容を審査した後、申込者の承諾を得て、市が修理の実施を依頼します。なお、対象とならない部分や限度額を超えた額は、申込者の自己負担となります。

指定修理業者リストに記載のない業者に依頼する場合には、市役所へご相談ください。(リストに追加するための手続きを行います。)

申込期間

令和元年12月20日(金曜日)まで

提出書類

  1. 住宅の応急修理申込書(ワード:41KB)
  2. 資力に関する申出書(ワード:27KB)記入例(PDF:347KB)
  3. 住宅の応急修理申込チェックシート(エクセル:16KB)
  4. り災証明書の写し(提出は後日でも構いません)

様式集

  1. 修理見積書(様式5)(ワード:22KB)記入例(PDF:161KB)
  2. 請書(様式7)(ワード:26KB)入例(PDF:151KB)
  3. 工事完了報告書(様式8)(ワード:18KB)
  4. 請求書(様式9)(ワード:20KB)
  5. 取下げ書(様式10)(ワード:21KB)
  6. 修理業者指定届(債権者登録申立書)(ワード:47KB)修理業者指定届(債権者登録申立書)(PDF:95KB)

 

その他

完了後は、修理に係ったすべての部分の写真(施工前、施工中、施工後)の添付が必要となるためご注意ください。

 

住宅金融支援機構の災害復興住宅融資等に関する相談窓口の開設について

 

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ先

都市計画課

静岡県伊豆の国市長岡184-2 伊豆の国市役所伊豆長岡庁舎別館2階

電話番号:055-948-2909

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?