文字の大きさ
縮小
標準
拡大
色の変更
標準
青地に黄色
黄色地に黒
黒地に黄色
  • 音声読上げ
  • Foreign language
  • お問い合わせ
  • サイトマップ
  • 携帯サイト
  • Eメール配信サービス 防災情報などお役立ち情報

ホーム > 健康・福祉 > 高齢者福祉 > はいかい者探索事業「どこシル伝言板」

ここから本文です。

更新日:2018年7月19日

はいかい者探索事業「どこシル伝言板」

おおむね65歳以上の認知症高齢者、在宅の若年性認知症の人で、はいかいするおそれのある人を対象とし、行方が分からなくなった時のための「見守りシール」による、はいかい者探索事業を新たに始めました。

サンプル

伊豆の国市のQRコードつきの見守りシールです。あなたの支援が必要な方が身に着けています。

このサービスは、市民の皆様の協力が大変重要な事業となりますので、ご家族やご友人など周りの方にお話ししていただき、サービスの周知にご協力をお願いします。

どこシル伝言板ポスター(PDF:1,231KB)

 

どこシル伝言板とは

QRコードラベルを活用したWebシステムであり、はいかい者の発見から保護、帰宅までを安全にサポートするものです。

  • 発見場所や現在地およびご本人の状況をご家族等の介護者に迅速に連絡する役割
  • 個人情報を介することなく、既往症や保護時の注意点が開示される申し送りの役割
  • システム利用のすべての情報が事務局(市役所)に集約されることによる介護者支援・業務支援の役割

ツールの具体的な活用方法

利用者の方は、持ち物(洋服や帽子、かばん等)に貼付例のように「見守りシール」を貼り付けます。貼付例(PNG:706KB)

地域のみなさま、見守りシールを貼った人が一人で歩いていたら、ゆっくりと「どうされましたか?お手伝いすることはありませんか?」と声をかけてあげてください。そして可能でしたらお手持ちの携帯電話やスマホで「見守りシール」の「QRコード」を読み取って発見情報を入力しご家族への連絡をお願いいたします。

読み取り方がわからない場合は市役所や地域包括支援センターや警察に連絡してください。

見守りシールを利用したい人

対象者 おおむね65歳以上の認知症高齢者、在宅の若年性認知症の人で、はいかいするおそれのある人
申請者 ご本人、ご家族
配布物 QRコード付き見守りシール40枚
負担金 1セット380円
申請場所 伊豆の国市役所大仁支所長寿福祉課

ご利用までの流れ

1.申請(提出物)

2.決定

調査し、サービスの利用が決定した場合、

  1. 決定通知書
  2. どこシル伝言板登録シートの用紙
  3. 見守りシール配布のお知らせ

上記3点をご自宅へ郵送させていただきますので、「どこシル伝言板登録シート」を持参して長寿福祉課へおこしください。

3.見守りシール配布(保護者来庁)

持参していただいた、「どこシル伝言板登録シート」の内容を登録し、メールの受信テスト等を実施した後に「見守りシール」と「どこシル伝言板説明書」を配布します。

  • 来庁する時は発見時に通知を受けるメールアドレス(3件まで)が必要となります。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

長寿福祉課(高齢者福祉)

静岡県伊豆の国市田京299-6

電話番号:0558-76-8011

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?