文字の大きさ
縮小
標準
拡大
色の変更
標準
青地に黄色
黄色地に黒
黒地に黄色
  • 音声読上げ
  • Foreign language
  • お問い合わせ
  • サイトマップ
  • 携帯サイト
  • Eメール配信サービス 防災情報などお役立ち情報

ホーム > 健康・福祉 > 高齢者福祉 > 認知症の方にやさしい地域づくりについて

ここから本文です。

更新日:2018年5月17日

認知症になっても、住み慣れた地域で安心して暮らし続けられるように

在、高齢者の約4人に1人が認知症の人または予備軍と言われています。今後、高齢化の進展に伴い、認知症の人はさらに増えていくといわれています。認知症の人が認知症と共によりよく生きていくことができるような地域づくりが必要となっています。

そんな地域づくりを目指して、伊豆の国市では関係機関や地域の皆さんと協力し、支援体制を整えていくために、

認知症初期集中支援チーム

認知症地域支援推進員

の設置をしています。

12

「認知症初期集中支援チーム」とは?

数の専門職が家族や周囲の訴えなどにより、認知症が疑われる人や認知症の人及びその家族を訪問し、身体の状況確認や家族支援などの初期における支援を包括的・集中的(概ね6ヶ月)に行い、自立生活のサポートを行うチームです。

このチームには、

認知症サポート医(医師)

保健師、看護師、作業療法士、精神保健福祉士、介護福祉士等の医療保健福祉に関する国家資格を有する者

の専門職にて編成されています。

認知症初期集中支援チームによる「訪問対象者」は?

豆の国市に住民票のある40歳以上の方で在宅生活をしており、かつ認知症が疑われる方です。または認知症の人で以下のいずれかの基準に該当する人。
.医療サービス、介護サービスを受けていない人、または中断している人で以下のいずれかに該当する人
a)認知症疾患の臨床診断を受けていない人
b)継続的な医療サービスを受けていない人
c)適切な介護保険サービスに結びついていない人
d)診断されたが介護サービスが中断している人
.医療サービス、介護サービスを受けているが、認知症の行動・心理症状が顕著なため対応に苦慮している人

認知症初期集中支援チーム員の役割は?

〇訪問支援対象者に対し、早期の支援を行うための訪問活動を行います。

〇訪問しながら相談に応じ、その方に合った支援の方法を検討します。

〇その方が適切な医療機関へつながったり、介護保険サービスや福祉サービスを利用できるよう調整を図ります。

 

認知症地域支援推進員とは?

域の医療や介護の関係機関、地域の支援機関などの連携支援家賃池沼の方やそのご家族を支援する体制づくりの推進役です。

認知症地域支援推進員の役割は?

認知症への理解を深めるための普及・啓発

介護保険サービスを利用しながら在宅生活が継続できるための支援

地域一体となった家族介護支援

多種多様な連携ネットワークによる認知症に対するやさしい地域づくり等が、あります。

1020

認知症初期集中支援チームへの相談の流れ

家族のことで困っている!」「近所に心配な方がいる!」「地域で不安そうにされている方がいる!」「ひょっとしたら、認知症かもしれない…」そんな時には、まず『認知症初期集中支援チーム』へご連絡ください!!

連絡先:【事務局】伊豆の国市役所保健福祉・こども・子育て相談センター(大仁庁舎内)

電話0558-76-8010

相談の流れ

必要書類

1.認知症初期集中支援チームへ相談する。(事務局:☎0558-76-8010)

チーム員がお困りごとの相談内容を確認させていただきます。

相談票【帳票1】(エクセル:44KB)

【利用者基本情報】(エクセル:47KB)

 

(認知症初期集中支援チームの相談対象と判断された場合)

 

 

2.認知症初期集中支援チーム員により、

対象者の方へ訪問に伺います。

同意書【帳票2】(ワート゛:33KB)

経過記録票【帳票3】(エクセル:34KB)

状況チェック表【帳票4】(エクセル:58KB)

 

3.認知症初期集中支援チームや認知症地域支援推進員等にて

「チーム員会議」を開催し、対象の方への支援方法について

話し合います。(約6か月間の支援計画を立てます)。

 

 

4.対象の方へ訪問し、計画に沿って支援を実施します

(必要時、複数回の訪問をします)。

 

 

5.「チーム員会議」を行い、介護保険サービスなどへ繋いでいきます。

引き継ぎシート【帳票11】(エクセル:15KB)

1.~5.までの支援を、おおむね6か月間で実施します。また、介護保険サービスや福祉サービス等に引き継いだ後についても、その後の状況について必要に応じ定期的に身体状況や生活のご様子について確認します。

身体の状況の変化に応じて、医療や介護が有効に連携し、“その方らしさ”を活かしながら適時・適切に、切れ目なく医療や福祉サービスが提供していかれるよう支援します。お困りの際には、まずはご相談ください!!

その「相談の一声」が、「地域で見守る」「地域で支える」の一役となり、早期対応につながります。

2325

お問い合わせ

保健福祉・こども・子育て相談センター

静岡県伊豆の国市田京299-6 大仁庁舎1階

電話番号:0558-76-8010

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?