文字の大きさ
縮小
標準
拡大
色の変更
標準
青地に黄色
黄色地に黒
黒地に黄色
  • 音声読上げ
  • Foreign language
  • お問い合わせ
  • サイトマップ
  • 携帯サイト
  • Eメール配信サービス 防災情報などお役立ち情報

ホーム > 健康・福祉 > 高齢者福祉 > 介護予防通所型サービスB事業

ここから本文です。

更新日:2018年6月8日

介護予防通所型サービスB事業『住民主体の通いの場』

介護保険の新しいサービス『介護予防・日常生活支援総合事業』

介護保険は、皆で支えあう制度で、40歳以上の人は保険料を負担し、介護が必要と認定されたときに費用の一部を払ってサービスを利用するという仕組みです。総合事業

予想できなかったペースで高齢化が進み、このままでは、介護保険制度が運用できなくなってしまう。そこで、市町村が中心となって、住民同士の活動などを取り入れ、地域に応じた効果的なサービスを実施する総合事業がはじまりました。

ヘルパーとデイサービス、介護予防事業が一体となり、選択できるサービスが増えました。

今までどおり、専門職がおこなうサービスもあれば、住民主体のサービスBの教室、楽だら体操教室、居場所やサロン等があります。

いろいろなタイプの『通いの場』を増やします

いろんな人が参加各教室の共通点は皆さんが、積極的に運営等に参加していくということです。

今後も皆さんの協力を得て、元気な人も、心身に不安がある人も、お互いに支えあう、いろいろなタイプの通いの場を増やし、住み慣れた地域で元気に生活して欲しいと考えています。

このページでは、通所型サービスB(住民主体)の事業についてご紹介します。

住民主体で運営、通いの場づくり!

通所型サービスB(住民主体)の教室は、住民主体の教室となるため、地域の皆さんで教室を運営してもらうようになります。地域の状況や、参加している人の意向を取り入れて、今よりも自由度の高く、元気な人も少し支援が必要な人も、支えあう教室です。

市の支援として・・・

  • 教室運営のための補助金

例えば、補助金を使って、スタッフの先生をお願いするとか、教室に使うものを購入するとか…教室それぞれの運営に使うことができます。

  • 地区介護予防健康講座(歯科衛生士、運動指導士、栄養士、保健師等を派遣)を希望により開催
  • 健康度測定器具の貸出
  • 体操ボランティアの育成、フォローアップ
  • 体操マニュアル、DVD、音声テープ等の配布

 

通所型サービスB事業を実施するには

現在ある事業実施団体または新しく設立する実施団体が、通所型サービスB事業を行うには、いくつか要件があります。

  • 介護予防のための教室であること
  • 1教室5人以上の参加者が集まること
  • 教室参加者に要支援者等(要支援・事業対象者2人以上)がいること
  • 参加者の半数以上が65歳以上であること
  • 定期的な利用が可能であること(1回2時間程度、週1回以上の予定で開催)
  • 代表者、会計等がいて、自分たちで教室運営すること

実施団体は、補助金と参加者からの参加費(実施団体により決定)等で、事業を運営しています。

補助金申請については、介護予防通所型サービスB事業費補助金ページをご覧ください。

平成30年度実施団体一覧

教室名 会場 地区名 曜日 時間
神島楽だら体操教室 神島集会センター 大仁

月曜日

13時30分~15時00分

立花体操教室 立花公民館

木曜日

9時30分~11時00分

浮橋体操教室 浮橋公民館

金曜日

9時30分~11時00分

仲之台体操教室 南江間公民館 伊豆長岡

金曜日

13時30分~15時00分

多田体操教室 多田公民館 韮山

月曜日

13時00分~14時30分

原木体操教室 原木公民館

水曜日

9時30分~11時00分

13時30分~15時00分

小松ヶ原健康体操 小松ヶ原コミュニティー室

金曜日

10時00分~11時30分

お問い合わせ

保健福祉・こども・子育て相談センター

静岡県伊豆の国市田京299-6 大仁庁舎1階

電話番号:0558-76-8010

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?