ホーム > 学び・文化 > 文化事業 > 文化事業の開催支援情報

更新日:2022年2月13日

ここから本文です。

文化事業の開催支援情報

文化芸術事業を開催する際の支援制度を紹介します。

詳しくは各団体のホームページをご確認ください。

一覧
名称 応募資格 対象事業
アーツカウンシルしずおか(外部サイトへリンク)

(文化芸術による地域振興プログラム)(外部サイトへリンク)

静岡県内に拠点を置く文化芸術、まちづくりや観光、国際交流、福祉、教育、産業など社会の幅広い分野の民間団体・グループ

地域資源の活用や社会課題への対応を目指す先駆的なアートプロジェクト
独立行政法人日本芸術文化振興会(外部サイトへリンク)

(アマチュア等の文化団体活動)(外部サイトへリンク)

文化の振興普及に資する活動を行うことを主たる目的とするアマチュア・青少年等の文化団体

助成の対象となる者が、自ら主催して行う公演・展示活動で、地域に根差した文化団体が日頃の文化活動の成果を広く公開する活動(特に周年的・記念的な公演など、内容・規模において通年の活動をしのぐもの。)、青少年による芸術文化の公開活動など、国民の文化活動の促進に資する活動
公益財団法人日本音楽財団(外部サイトへリンク)
(音楽文化振興・普及のための助成)(外部サイトへリンク)
1.法人格を有し、非営利活動・公益事業を行う団体
2.以下に挙げる要件を充たしている任意団体
(1)団体の意思を決定し、執行できること
(2)団体名と同じ名義で銀行口座を有していること
以下のいずれかまたは両方を充たしている事業:

1.ヴァイオリン、ヴィオラ、チェロ、コントラバス、ヴィオール属等の弦楽器を主とした演奏において、音楽的、技術的向上を目的とする事業

2.より多くの人々に優れた弦楽器演奏を鑑賞する機会を提供する事業
 
 

 

公益財団法人国際音楽芸術振興財団(外部サイトへリンク)

(若手クラシック音楽家助成制度)(外部サイトへリンク)

以下の(1)~(5)のすべてに該当すること。
(1)クラシック音楽の演奏・作編曲等の活動を行う者であること
(2)申請する分野において3年以上の活動実績があること
(3)募集年度4月1日時点で年齢35才以下であること
(4)営利を目的としない活動であること
(5)活動状況及び成果について適正に報告できること

<対象となる活動の一例>
・ヴァイオリンリサイタルの開催
・室内楽ワークショップの開催
・自作曲の発表公演
・音楽理論の研究発表など

芸術文化助成財団協議会会員一覧(外部サイトへリンク)

公益社団法人企業メセナ協議会

企業による芸術文化支援(メセナ)活動の活性化を目的に1990年に設立された、日本で唯一のメセナ専門の中間支援機関です。

公益社団法人企業メセナ協議会(外部サイトへリンク)

企業メセナ協議会の芸術・文化への寄付に関するポータルサイト「かるふぁん」(外部サイトへリンク)

静岡県東部地域コンベンションビューロー

国内外のコンベンション(※1)を積極的に静岡県東部地域(※2)に誘致し、助成金や物品の貸出など開催サポートをしています。
(※1)大会・学会・研修会・講演会・スポーツ大会(競技形式になっているもので、練習試合はのぞく)
(※2)沼津市、熱海市、三島市、御殿場市、裾野市、伊豆市、伊豆の国市、函南町、清水町、長泉町、小山町

静岡県東部地域コンベンションビューロー(外部サイトへリンク)

お問い合わせ先

観光文化課(文化振興係)

〒410-2123 静岡県伊豆の国市四日町772韮山時代劇場

電話番号:055-949-8600

文化振興課(長岡総合会館)

静岡県伊豆の国市古奈255

電話番号:055-948-0225

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?