ホーム > 健康・福祉 > 若年がん患者等支援事業 > がん患者医療用補整具購入費助成事業

更新日:2021年7月27日

ここから本文です。

がん患者医療用補整具購入費助成事業

令和2年4月1日以降に医療用のウィッグや補整下着・人工乳房などの補整具を購入した方に対して、費用の一部を助成します。

対象者

以下の1から4にすべてあてはまる方

  1. 医療用補整具を購入した時点から市内に住所を有している方
  2. がんと診断され、その治療を受けたまたは受けている方
  3. がん治療に起因する脱毛または外科的治療等による乳房の変形に対する医療用補整具を購入している方
  4. 他の地方公共団体から医療用補整具購入に係る補助を受けていない方

対象となる補整具と助成金額

一人あたり、1または2の区分につき1回限り助成をします。

対象となる補整具等
区分 医療用補整具の要件 助成金額
1医療用ウィッグ

全頭用であるもの

(毛付き帽子、装着時に皮膚を保護するネットも対象)

上限2万円
2乳房補整具 補整下着、下着とともにつけるパッド 上限2万円
人工乳房(体内に埋め込まれたものは除く) 上限10万円

注意

付属品やケア用品(クリーナー、リンス、ブラシ等)、購入のための交通費、郵送料は対象外。

申請の流れ

医療用補整具の購入後、必要書類を添えて健康づくり課へ申請してください。

書類の審査後、伊豆の国市から助成金を指定口座にお支払いします。

申請の流れ
医療用補整具の購入日 申請期限
4月から12月 同年度の3月31日まで
1月から3月 購入日の翌日から90日以内

申請時に必要な書類等

  1. がん患者医療用補整具購入費助成金交付申請書(様式第1号)
  2. がん治療に伴い脱毛または外科的治療等による乳房の変形を証明する書類(薬物療法に関する説明書、診断書、利用方針計画書等医療機関名や医師名が記載されているもの)
  3. 住民票の写し(発行から3か月以内であり、マイナンバーの記載がないもの)
  4. 医療用補整具購入にかかる領収書(原本)
  5. 購入した補整具のメーカー、型番(品番)等がわかる書類
  6. 申請書の振込先情報が確認できるもの(通帳等)
  7. 債権者登録申立書
  8. 認め印

注意

職員が住民基本台帳を閲覧することに同意する場合は、住民票の写しの提出は省略できます。

対象になる方が未成年の場合、保護者が申請をしてください。その際には、続柄がわかる書類を必ず添付してください。ただし、申請を出す保護者の方が世帯主の場合かつ職員が住民基本台帳を閲覧することに同意する場合は省略できます。

提出方法

健康づくり課窓口に直接持参し、提出してください。郵送での受付はしていません。

様式ダウンロード・案内パンフレット

Q&A

よくある質問
質問 回答

対象は女性だけですか
年齢制限はありますか

男性の方も対象です。年齢制限はありません。
購入する業者はどこでもよいですか 対象となる医療用補整具を販売している業者であればどこでも可能です。
いつ購入したものから申請ができますか 令和2年4月1日以降に購入したものから申請ができます。ただし、申請期限がありますのでご注意ください。
補整下着を2回購入したが、
どちらも助成対象となりますか
上限2万円以内であれば助成対象となります。ただし、申請は1人1回限りのため、まとめて申請をしてください。

インターネットでポイントを使用して購入しました

助成対象となりますか

ポイントを使用した分については助成対象外となります。

 

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ先

健康づくり課

〒410-2123静岡県伊豆の国市四日町302-1 韮山福祉・保健センター1階

電話番号:055-949-6820

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?