ホーム > 健康・福祉 > 妊娠・出産 > 不妊・不育症治療費助成について

更新日:2019年6月20日

ここから本文です。

不妊・不育症治療費助成について

伊豆の国市の不妊・不育症治療費助成制度は、医療保険が適用されない特定不妊治療だけでなく、すべての不妊治療と不育症治療にかかる費用の一部を助成し、治療にかかる経済的負担を軽減することを目的としています。

対象者

以下の1から5の条件をすべて満たす人が対象です。

  1. 法律上婚姻している夫婦。
  2. 夫婦の両方、または一方が不妊・不育症治療を開始する日において、1年以上伊豆の国市に住民登録されていること。
  3. 初診日から実績報告書を提出するまでの間において、引き続き住民登録されていること。
  4. 夫婦のいずれもが医療保険の被保険者または被扶養者である人。
  5. 不妊・不育症治療に対する補助を、「静岡県特定不妊治療費助成制度」を除いたその他の地方公共団体から受けていないこと。

助成の内容

助成金の額

  • 1年度あたり、支払った治療費から高額療養費等を差し引いた額の10分の7以内(1円未満の端数は切り上げた額)を助成します。上限は10万円です。

助成回数

  • 1年度につき1回。

助成期間

  • 通算5年度分。

申請方法

治療を受けようとする年度中(4月1日~翌年3月31日)に申請が必要です。

継続して助成金交付を希望する場合も年度ごとの申請が必要です。

申請場所

  • 韮山福祉・保健センター健康づくり課

必要書類

  1. 不妊・不育症治療費助成金交付申請書(様式1)
  2. 申請者及びその配偶者の戸籍謄本または戸籍全部事項証明書
    外国籍の人は住民票または公の期間が発行した書類(いずれも法律上の婚姻していることが確認できるもの)前年度より引き続き申請する場合は省略することができます。
  3. 夫婦両方の医療保険各法の被保険者証等の写し
  4. 同意書(様式2)(夫婦それぞれ自署で)
  5. 印鑑※訂正がある場合必要になります。

様式1・2は、健康づくり課にあります。

ご案内・注意点

令和元年度伊豆の国市不妊・不育症治療費助成金交付制度のご案内(PDF:288KB)

  • この制度を利用される方は、まずは申請をして助成金の交付決定を受ける必要があります。交付申請時点で治療が終了している必要はありません。
  • 令和元年度の申請期間:平成31年4月1日月曜日~令和2年3月31日火曜日
  • できるだけ2月末日までに交付申請をお願いします。

特定不妊治療については、静岡県でも助成制度があります。県の助成を受ける場合は別に申請が必要です。

URLhttps://www.pref.shizuoka.jp/kousei/ko-140/kokatei/funin1.html(外部サイトへリンク)


不妊・不育症の専門相談について

「静岡県不妊・不育症専門相談センター」では、専門の相談員が不妊・不育症に関する相談を行っています。

URLhttps://www.pref.shizuoka.jp/kousei/ko-140/kokatei/funinsoudan.html(外部サイトへリンク)

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ先

健康づくり課

〒410-2123静岡県伊豆の国市四日町302-1 韮山福祉・保健センター1階

電話番号:055-949-6820

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?