ホーム > 市政 > 広報 > 伊豆の国市コマーシャル > 平成20年度伊豆の国市コマーシャル

更新日:2013年8月21日

ここから本文です。

平成20年度伊豆の国市コマーシャル

静岡朝日テレビ主催の『第7回しずおかふるさとCM大賞』に出品した、市民や職員ボランティアの制作による伊豆の国市コマーシャル(25秒)です。

コンテストでは『静岡県知事賞』を受賞しました。このCMは、平成21年4月からの一年間、同テレビ局で40回放映されます(放送日時未定)。

平成20年度伊豆の国市CM
パスポート持った?(YouTube)

作品のタイトル

パスポート持った?

作品の解説

伊豆の国市は、「の国」という名前がつく、全国で唯一の市。「国」だったら、パスポートがあってもいいんじゃないか?という発想から、平成20年4月に「伊豆の国観光パスポート」が誕生しました。この「伊豆の国観光パスポート」は、外見は、外務省が発行する本物の国際パスポートそっくりに作られていて、中を開くとスタンプを押印できるようになっています。伊豆の国市を訪れた人がこのパスポートを取得して、市内外の協賛施設に行くと、観光施設なら「入場料割引」、飲食店なら「無料で大盛り」、旅館なら「地酒一合ビンをサービス」といったちょっとうれしいおもてなしが受けられる上、スタンプがたまると、伊豆の国市のオリジナル賞品ももらえる…こんな、伊豆の「国」市ならではのおもしろ観光キャンペーンを、もっと多くの県民に知っていただきたいと思い、今回のCMを企画・制作しました。

撮影は、伊豆箱根鉄道駿豆線「伊豆長岡駅」前と、古奈温泉街にある「あやめ小路」で行いました。主役の女性は、地元の小中高生らで組織している「劇団DAN(ダン)」に所属する現役女子高校生。撮影は11月だったのに、全く寒さを感じさせないすばらしい演技にご注目ください。なお相手役(男)と、最後のシーンの通行人(母子)は、ボランティアCMスタッフの企画・立案メンバーが自ら出演しています。(コンテスト作品送付状より抜粋)

1.駅で待ち合わせるカップル写真
1.駅で待ち合わせるカップル
待つ男、駆け寄る女「待った~?」

2.振り向く男「パスポートは?」写真
2.振り向く男「パスポートは?
(ちゃんと持ってきた?)」

3.「ほら!」と国際パスポートを見せる女写真
3.「ほら!(ちゃんと持ってるよ)」と
国際パスポートを見せる女

4.女「ねえどこの国に行って遊ぶの?」…写真
4.女「ねえ、どこの国に行って遊ぶの?」、
男「温泉行って、遊んで、メシ食って…」、
女「へえ、なんかすごいじゃん!」

5.男「この観光パスポート、マジ半端ねえ!」写真
5.男「この『観光』パスポート、
サービスがマジ半端ねえ!」

6.女「はあ?観光パスポート?」写真
6.ガーン!!(驚きの効果音)
女「はあ?『観光』パスポート?」

7.男「なんだお前のただのパスポートじゃん」…写真
7.男「なんだ、お前のただのパスポートじゃん。
よし今から観光パスポート取りに行こうぜ!」
男に手を引かれ訳も分からず女「えっ?」

8.女「…ていうかどこの国いくのよ~?」写真
8.女「え~意味わかんないし~、
ていうかどこの『国』行くのよ~?」

9.CMテロップ『いずのくに』写真
9.CMテロップ『いずのくに』

制作スタッフ(敬称略)

スタッフ

出演

  • カップル(男)林達也
  • カップル(女)小鳩(劇団DAN)
  • 通行人(母親)沼美香子
  • 通行人(娘)沼天音

撮影

  • カメラ1
  • カメラ2目健次
  • 撮影補助口新哉
  • スタイリスト沼美香子
  • スタイリスト補沼天音

撮影協力

伊豆箱根鉄道株式会社

衣装協力

鈴木てる子(サンセットフラ)

脚本指導

松井清高(劇団DAN)

編集

新・伊豆の国入国管理局

(平成20年度ボランティアスタッフ)

企画・制作

新・伊豆の国入国管理局
(平成20年度ボランティアスタッフ)

  • 原浩
  • 内田敏克
  • 足立円佳
  • 土屋勝彦
  • 大沼美香子
  • 山口新哉
  • 杉崎崇
  • 佐藤健太
  • 小林達也
  • 夏目健次

著作

伊豆の国市

お問い合わせ先

市長公室

〒410-2292静岡県伊豆の国市長岡340-1 伊豆の国市役所伊豆長岡庁舎2階

電話番号:055-948-1431

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?