文字の大きさ
縮小
標準
拡大
色の変更
標準
青地に黄色
黄色地に黒
黒地に黄色
  • 音声読上げ
  • Foreign language
  • お問い合わせ
  • サイトマップ
  • 携帯サイト
  • Eメール配信サービス 防災情報などお役立ち情報

ホーム > くらし > 消防・防災 > 地震に備えてブロック塀や石塀の点検をしましょう

ここから本文です。

更新日:2019年6月1日

地震に備えてブロック塀や石塀の点検をしましょう

ブロック塀や石塀は、プライバシーの確保、防犯など、暮らしを守る役割を果たしていますが、大規模地震によりブロック塀等が倒壊した場合、通行人への被害や緊急車両の通行阻害の原因となる可能性があります。これらを未然に防ぐため、所有者において適切な維持管理が必要です。

下記を参考に点検を実施していただきますよう、お願いいたします。

ブロック塀の点検方法

この点検方法は、静岡県作成「ブロック塀の点検と改善」から引用しています。東海地震を踏まえ、建築基準法より、より安全な基準となっています。

1~5をチェックし、ひとつでも不適合や分からないことがあれば、施工業者や建築士等の専門知識を有する人に相談してください。

  1. 基礎の根入れ深さは30cm以上か。
  2. 塀の高さは地盤から2m以下か。
  3. 控壁は塀の長さ3.2m(ブロック8個)以下ごとに設置されているか、控壁の長さは40cm以上あるか。
  4. 塀の傾き、ひび割れはないか。
  5. 塀に鉄筋は入っているか(塀を造った施工業者などと相談して行ってください)。

静岡県作成「ブロック塀の点検と改善」(PDF:1,758KB)

静岡県作成の「ブロック塀の点検と改善」には、詳しい点検方法が図示などにより説明されています。併せてご覧ください。

組積造(れんが造、石造、鉄筋のないブロック造)の塀の点検方法

この点検方法は、国土交通省において作成したチェックポイントから引用しています。建築基準法に即した内容となっています。

外観で1~5をチェックし、ひとつでも不適合がある場合や分からないことがあれば、施工業者や建築士等の専門知識を有する人に相談してください。

  1. 塀の高さは地盤から1.2m以下か。
  2. 塀の厚さは十分か。
  3. 塀の長さ4m以下ごとに、塀の厚さの1.5倍以上突出した控え壁があるか。
  4. 基礎があるか。
  5. 塀に傾き、ひび割れはないか。
  6. 基礎の根入れ深さは20cm以上か(専門家に相談してください)。

建築物の塀(ブロック塀や組積造の塀)の安全点検等について(国土交通省)(外部サイトへリンク)

ブロック塀等撤去改善事業

地震発生時における倒壊又は転倒の可能性のあるブロック塀等を撤去、安全な塀に造り替える(改善)費用の一部を助成する制度があります。

伊豆の国市地震対策推進事業

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

危機管理課

〒410-2292静岡県伊豆の国市長岡340-1 伊豆の国市役所伊豆長岡庁舎1階

電話番号:055-948-1482

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?