文字の大きさ
縮小
標準
拡大
色の変更
標準
青地に黄色
黄色地に黒
黒地に黄色
  • 音声読上げ
  • Foreign language
  • お問い合わせ
  • サイトマップ
  • 携帯サイト
  • Eメール配信サービス 防災情報などお役立ち情報

ホーム > くらし > 国保・年金 > 国民年金の給付

ここから本文です。

更新日:2019年3月31日

国民年金の給付

国民年金から支給される基礎年金は、次の種類です。

  • 老齢基礎年金
  • 障害基礎年金
  • 遺族基礎年金

第1号被保険者の独自給付は、次の種類です。

  • 寡婦年金
  • 死亡一時金
  • 付加年金
  • 短期在留外国人の脱退一時金

種類

支給の条件

老齢基礎年金

10年以上の受給資格期間がある人が、原則として65歳以上になったときから支給されます。年金額は、20~60歳(40年間)の期間に、すべての保険料を納めると、満額の年金が受けられます。
保険料の免除や未納期間があると、その分だけ年金額も少なくなります。

障害基礎年金

国民年金加入者(被保険者)が病気やけがで障害者(政令で定められた1、2級の障害)になったとき、一定の条件を満たす人に支給されます。
20歳になる前に障害者になった人は、20歳になったときから「障害基礎年金」が支給されます。

遺族基礎年金

国民年金加入者(被保険者)、老齢基礎年金を受ける資格のある人、老齢基礎年金を受けている人が死亡したとき、その人の18歳(障害者は20歳)未満の子がある配偶者または子に「遺族基礎年金」が支給されます。

寡婦年金

老齢基礎年金を受ける資格があった夫が受給前に死亡したとき、一定の条件を満たす妻に、60歳から65歳まで「寡婦年金」が支給されます。

死亡一時金

保険料を3年以上納めた人が、年金を受け取れずに亡くなり、その遺族が遺族基礎年金または寡婦年金を受けられない場合に「死亡一時金」が支給されます。

付加年金

月額400円の付加保険料を納めた人に、納めた月数に200円を乗じた額が老齢基礎年金に加算されます。

短期在留外国人の脱退一時金

日本国籍を有しない人が、国民年金の被保険者資格を喪失し、日本を出国した場合、出国後2年以内に脱退一時金を請求することができます。

お問い合わせ

国保年金課

〒410-2292静岡県伊豆の国市長岡340-1 伊豆の国市役所伊豆長岡庁舎1階

電話番号:055-948-2905

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?