ホーム > 市政 > 広報 > 伊豆の国市コマーシャル > 平成17年度伊豆の国市コマーシャル

更新日:2013年8月21日

ここから本文です。

平成17年度伊豆の国市コマーシャル

静岡朝日テレビ主催の『第4回しずおかふるさとCM大賞』に出品した、市民や職員ボランティアの制作による伊豆の国市コマーシャル(30秒)です。

平成17年度伊豆の国市CM
パスポートは・・・?(YouTube)

作品のタイトル

パスポートは・・・?

作品の解説

平成17年4月1日に旧・伊豆長岡町、旧・韮山町、旧・大仁町が合併して誕生した「伊豆の国市」として初めての作品。当初は、市の名産品や名所・旧跡等をPRしようとも考えましたが、旧3町それぞれの魅力を30秒という限られた枠の中で均等にPRするのは難しく、また一つに絞るのも困難であるため、今回は新市の名前をPRしようと考えました。

合併以後、市外の人からよく言われたことに、「市なのになぜ『国』なのか?」という質問があります。そこで、市名に『国』を使うことに世間が感じている違和感を逆手にとり、「それならば、いっそ『国』だからパスポートが必要だとしたら・・・」という発想からこの企画が生まれました。

歴史的な文化財が数多くある伊豆の国だから、イメージは戦国時代にして、ロケは国指定文化財の江川家住宅(江川邸)で行い、衣装は韮山町商工会青年部(当時)の手作り甲冑をお借りしました。また、冒頭のシーン(右写真・1)は、伊豆箱根鉄道(株)の協力のもと、原木駅で撮影しました。出演者はすべて市民のボランティアです。

こうして、多くの方々の協力により、伊豆の国市初のCMが完成したのです。

(コンテスト作品送付状より抜粋・加筆)

ちなみに、コンテストでは残念ながら入賞できませんでしたが、このCM企画がもとになって、「面白いから、伊豆の国市の『パスポート』を本当に作ってしまおう!」という動きが広がり、パスポート着想から3年後の平成20年4月、『伊豆の国観光パスポート』として現実のものとなりました。

H17伊豆の国市CM1写真
1.伊豆の国市に遊びに来た家族
「さあ着いたぞ」「温泉だー!」

伊豆の国市コマ2写真
2.「まて!」
家族の前に立ちはだかる謎の男

伊豆の国市コマ3写真
3.男「おみゃーら、パスポートは?」
家族驚き「パ、パスポート??」

伊豆の国市コマ4写真
4.「ここは伊豆の『国』じゃ!あの字が見えんのか!!」
門の看板には『入国審査』の文字

伊豆の国市コマ5写真
5.なんと、門を通る観光客はみんなパスポートを持っていた

伊豆の国市コマ6写真
6.パスポートを持っていない家族に、
男「おのれ、怪しいやつめ・・・捕まえろ!」

伊豆の国市コマ7写真
7.男の部下に捕まえられる父親
「えっ、ホントにパスポート??」

伊豆の国市コマ8写真
8.男「ひったてい!!」、連行される父親
母親「あなたー!!」、娘「パパー!!」

伊豆の国市コマ9写真
9.でもホントは・・・
「パスポートはいりません、伊豆の国市」

制作スタッフ(敬称略)

スタッフ

出演

  • 父親
  • 母親木はつ美
  • 藤明日香
  • 役人村明彦
  • 番兵1坂高一郎
  • 番兵2山貴宏
  • 観光客キストラ参加の市民の皆さん

企画協力

  • ときわや食堂
  • みかどや旅館

撮影協力

  • 江川邸
  • 伊豆箱根鉄道株式会社

衣装・道具協力

  • 韮山町商工会青年部(当時)
  • TEAMON

企画・制作

伊豆の国入局管理局
(平成17年度ボランティアスタッフ)

  • 内田敏克
  • 原浩
  • 足立円佳
  • 山口新哉
  • 夏目健次

著作

伊豆の国市

お問い合わせ先

市長公室

〒410-2292静岡県伊豆の国市長岡340-1 伊豆の国市役所伊豆長岡庁舎2階

電話番号:055-948-1431

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?