更新日:2021年11月30日

ここから本文です。

電子証明書の更新について

概要

マイナンバーカードに記録されている電子証明書を使って、住民票等のコンビニ交付・保険証としての利用・e-Tax(税の電子申告)などが利用できます。
電子証明書には有効期限があり、更新期限が近づくと「電子証明書有効期限通知書」が郵送で届きます。
引き続き電子証明書を使ったサービスの利用をご希望の場合は、更新手続きをお願いします。

有効期限内に更新手続きを行わない場合
  • 電子証明書が失効し、電子証明書を使ったサービスを利用できなくなります。
  • 更新手続きを行わない場合でも、マイナンバーカードは、顔写真付きの本人確認書類としてご利用いただけます。

有効期限後であっても、マイナンバーカードに電子証明書を再登録する手続きは可能です。

電子証明書とは

マイナンバーカードのICチップには「利用者証明用電子証明書」と「署名用電子証明書」の2種類の電子証明書が標準的に搭載されています(カード申請時に搭載を希望しないことも可能です)。それぞれの特徴は次のとおりです。

概要
  利用者証明用電子証明書 署名用電子証明書
用途

コンビニなどで証明書の取得、マイナポータルのログイン等本人であることの証明手段として利用

e₋Taxの確定申告等、文書を伴う電子申請で利用
暗証番号 4桁の数字 6桁以上16桁以下の英数字
有効期間 発行から5回目の誕生日まで

発行から5回目の誕生日まで

ただし、氏名、住所、生年月日、性別に変更があった場合はその時点で失効してしまうため、更新が必要

電子証明書の更新方法

電子証明書の更新は、有効期限の3か月前から可能です。有効期限通知書が届きましたら、原則ご本人がマイナンバーカードを持参して更新手続きにお越しください。やむを得ず代理人に手続きを依頼する場合は、代理人によるの手続き方法をご確認ください。

場所

市民課(伊豆長岡庁舎1階)【大仁・韮山支所では手続きできません】

受付時間

月・火・水・金曜日(祝日を除く)8時30分から17時15分まで

木曜日(祝日を除く)8時30分から19時まで

持ち物

1、マイナンバーカード

2、暗証番号をお忘れの場合は、マイナンバーカード以外に運転免許証や健康保険証などの本人確認書類をもう1点

代理人によるの手続き方法

代理人の方が電子証明書の更新手続きを行う場合は、以下の持ち物が必要になります。

持ち物

1、更新申請者本人のマイナンバーカード

2、代理人の本人確認書類(マイナンバーカード、運転免許証、パスポートなど官公署が発行した顔写真付きのものに限る)

3、照会書兼回答書(郵送で届いた「電子証明書有効期限通知書」の裏面)

照会書兼回答書は更新申請者本人が暗証番号を含む必要事項を記載し、付属の封筒に封入するなど、代理人に暗証番号が見えない状態でお持ちください記載されていた暗証番号が間違っていた場合や、封入されずにお持ちいただいた場合には、更新手続きが行えませんので注意ください

 

お問い合わせ先

市民課

静岡県伊豆の国市長岡340-1 伊豆の国市役所伊豆長岡庁舎1階

電話番号:055-948-2901

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?