ホーム > くらし > ごみ・リサイクル > ごみ処理量とごみのゆくえについて

更新日:2021年8月4日

ここから本文です。

ごみ処理量とごみのゆくえについて

伊豆の国市ごみ処理量(令和2年度)

合計(キログラム)

割合

1日当り(キログラム)

1人1日当り(グラム)

可燃ごみ

11,703,300

71.5%

32,063.8

666.1

資源ごみ

4,166,598

25.4%

11,415.3

237.1

集団回収

262,324

1.6%

718.7

14.9

埋立ごみ

237,760

1.5%

651.4

13.6

16,369,982

100.0%

44,849.2

931.7

伊豆の国市では、昨年度にこれだけのごみが処理されました。
1人が1日に『約932グラム』のごみを出していることになります。
令和2年10月1日現在の人口(48,138人)を基に算出しています。

【参考】成27年度から令和2年度までのごみ処理量(PDF:243KB)

 

では、私たちが分別しているごみはどこへ運ばれているのでしょうか。
可燃ごみは市内の焼却施設、埋立ごみは市内の最終処分施設、資源ごみは市内の資源化施設で選別等された後、資源化業者へ運ばれ処理されています。

詳しくは、『分別ごみのゆくえ』(PDF:304KB)をご覧ください。

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ先

廃棄物対策課

〒410-2192静岡県伊豆の国市四日町243 韮山し尿処理場管理棟

電話番号:055-949-6805

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?