ホーム > 伊豆の国市移住定住支援サイト > 移住定住支援サイト(支援制度)

更新日:2021年3月31日

ここから本文です。

移住定住支援サイト(支援制度)

伊豆の国市の支援制度ページ

住宅支援

 

住宅取得・住宅リフォーム

新築・リフォーム助成

市内事業者に発注する住宅の新築やリフォーム工事を助成します。新築40万円、リフォーム20万円を上限として工事経費の15%を市内登録商店で利用できる商品券での支給となります。

詳細のご案内

 

住居費・引越費用 新生活応援補助金

移住を検討している若年世帯および子育て世帯が、静岡県外から伊豆の国市に移住し、定住しようとする場合に住居費および引越費用の一部を交付します。
対象/

  • 40歳未満の夫婦を含む世帯(若年世帯)
  • 小学生以下の子どもを含む世帯(子育て世帯)

補助金額/

  • 若年世帯10万円
  • 子育て世帯20万円

条件/

  • 静岡県外から伊豆の国市へ転入している
  • 令和2年4月1日以降に転入している
  • 移住する際、住居費や引越費用がかかっているなど
詳細のご案内
住宅取得 不動産情報提供 静岡県宅地建物取引業協会および全日本不動産協会静岡県本部を通じて、希望する条件に合った不動産情報を相談者に対して提供します。 詳細のご案内

 

就業支援

 

U・Iターン

移住・就業支援金

東京圏から移住(UIJターン)の促進および中小企業の人材確保対策を目的として、地方創生推進交付金事業を活用した移住・就業支援金を交付します。

  • 支援対象者

(以下のアからウの全ての要件を満たす者)

ア東京23区在住または東京圏在住で23区への通勤者(在住等期間:移住直前の10年間のうち、通算5年以上)
(東京圏:東京・神奈川・千葉・埼玉)
イ伊豆の国市への移住者
ウ中小企業等に就業または起業した者

  • 支給額(就業の場合)

ア単身の場合60万円/人
イ世帯の場合100万円/世帯

詳細のご案内

 

就農 農業次世代人材投資資金 青年の就農意欲の喚起と就農後の定着を図るため、経営が不安定な就農直後の所得を確保するための給付金を支給します。 詳細のご案内
創業 創業等支援事業費補助金 商工会が実施するセミナー「伊豆の国創業塾」を修了し、市内に事業所を構えて創業した者または引き続き市内に事業所を構えて事業継承した者に、創業に必要な経費などの1月2日(上限50万円)を補助します。 詳細のご案内
就職 雇用促進事業 市内事業所の合同就職相談会(伊豆おシゴトさがしフェア)を開催しています。 問合せ/
市役所農業商工課
0558-76-8003

子育て支援

0歳~高校3年生

 

こども医療費助成制度

病気やけがなどで医療機関に受診または入院した場合の保険診療分の医療費と、入院時の食事療養費を助成します(実質負担0円)。

詳細のご案内

いずのくに子育てモバイルサイト管理事業

こどもの予防接種、近隣の医療機関、親子で集える場所など、市の子育てに関する実用的な情報を配信するサービスです。
こどもの生年月日を登録すると、予防接種のスケジュールを自動で作成し、接種日近くにメールでお知らせする機能もあるので、接種忘れや誤接種の防止につながります。
登録や閲覧はスマートフォン、携帯電話、パソコンから可能で、登録やサービス料は無料です(通信料、パケット代はご自身での負担となります)。

詳細のご案内
市民交流こども広場

市民交流センター内に、0歳から18歳までの児童が利用可能なこども広場を開設しています。
幼児図書室や多目的室、乳幼児向けの創作活動室を備え、小学校低学年向けの各種教室や、親子のふれあいや仲間づくりを目的に乳幼児向けの事業も行っています。

詳細のご案内

ファミリーサポートセンター事業

子育て中の家族が安心して働き、安心して育児ができるように、あらかじめ登録した会員同士が援助活動をするためのネットワークです。活動を希望する方は、「おねがい会員」「まかせて会員」として登録していただき、援助を受けたい方には、アドバイザーが援助を行いたい方を紹介します。

詳細のご案内
家庭児童相談事業 子どもの発育、虐待など、さまざまな問題を抱える家庭に対し、切れ目のない包括的な支援を行うため、家庭児童相談員等を配置して、乳幼児から18歳未満の子どもについての悩みごとや困りごと、家族のことなどの相談の受付を行います。 詳細のご案内

0歳~中学3年生

 

こどもインフルエンザ予防接種支援事業

乳幼児、児童、生徒にインフルエンザ予防接種の接種料金を助成します。
対象/0歳から中学卒業まで
実施期間/10月から2月まで
助成額/1回につき上限1,000円、2回まで
助成方法/1度お支払いいただき、申請後、助成額を振り込みます

問合せ/
市役所健康づくり課
055-949-6820

産前産後

 
不妊・不育症治療費助成制度 伊豆の国市の不妊・不育症治療費助成制度は、医療保険が適用されない特定不妊治療だけでなく、すべての不妊治療と不育症療法にかかる費用の一部を助成します。 詳細のご案内
子育て世代包括支援センター 妊産婦や保護者の相談に保健師などの専門家が対応するとともに、必要な支援や関係機関との連絡を調整するなど、妊産婦や乳幼児に対して切れ目ない支援を提供します。 問合せ/
市役所健康づくり課
055-949-6820
国保出産育児一時金 国保に加入している人が出産したときは、出産育児一時金を請求することができます。出産育児一時金の金額は、42万円(在胎週数が22週に満たない出産の場合は40万4千円)です。 詳細のご案内

産後ケア事業

産後に家事や育児などを手伝ってくれる人がおらず、心身の不調や育児不安等がある方に委託医療機関で育児相談、授乳指導を実施します。
対象/

  • 宿泊型は産後2ヶ月までの母子
  • 日帰り型は産後4ヶ月までの母子

自己負担額/

  • 宿泊型は1泊2日4食つき6,000円
  • 日帰り型は1日2食つき2,000円
詳細のご案内
風しんワクチン予防接種費助成 風しんの免疫を持たない女性が、妊娠中に感染すると、白内障、先天性心疾患、難聴などの先天性風しん症候群の赤ちゃんが生まれる可能性があります。妊婦への風しん感染防止のため、接種費用の一部を助成します。 詳細のご案内
パパ・ママ学級 産婦とその夫を対象に、妊娠・出産・育児支援のために、歯みがき指導、医師講話、栄養講話、個別相談、沐浴指導、妊婦体験などを実施しています。 詳細のご案内

0歳~未就学

 
一時預かり事業 保護者の勤務形態や緊急・一時的な理由、私的な理由などにより、ご家庭で保育することが一時的に困難になった乳幼児を、保育園の専用室で一時的に保育する事業です。
生後11か月から就学前までのお子さんで、保育園に在園していないお子さんが対象です。
詳細のご案内
一時保育事業 保護者の勤務形態や緊急・一時的な理由、私的な理由などにより、ご家庭で保育することが一時的に困難になった乳幼児を、保育園や認定こども園等の在園時と一緒に同じ教室で一時的に保育する事業です。 詳細のご案内
むし歯予防事業

虫歯予防のため、1歳6か月からフッ素塗布、保育園・こども園・幼稚園4歳児クラスから中学生までフッ素洗口を無料で実施(希望者のみ)しています。
※この取組みにより、中学3年生の虫歯有病率は他市町よりかなり低くなっています。

詳細のご案内

多子世帯保育料軽減

0歳~2歳児において、同一生計内に児童の兄弟がいる場合、上の子の年齢に関係なく、第2子の保育料は半額、第3子以降は無料になります。

問合せ/
市役所幼児教育課
055-948-1447
地域子育て支援センター運営事業 未就学児とその保護者が、自由に来所し、楽しく遊んだり友達を作ったり、保護者同士の育児に関する情報交換の場を提供します。 詳細のご案内
子育てサポート活動事業

【やんちゃっ子クラブ】
子育てする親子を対象に、育児の楽しさや喜び、また育児の悩みや不安を解消できる仲間作りを目的に、季節の行事や本の読み聞かせ、リズム体操などを取り入れた親子遊びを開催しています。

詳細のご案内
病児保育

病気中の児童(病児)を病院の専用スペースで一時的に保育します。

対象/
伊豆の国市に住所のある生後6か月からおおむね10歳未満までの児童で、発熱、下痢、咳等がある急性期の病児のうち、保護者が仕事や病気、出産などにより家庭で保育できない児童(月齢・年齢相応の予防注射が済んでいることが必要です)

詳細のご案内

小学生

 

放課後児童クラブ

市内の全ての市立小学校に放課後児童教室を併設し、希望する児童を受け入れます。
開所時間/

  • (月~金)放課後~午後6時30分
  • (土、夏・冬・春休み)午前7時30分~午後6時30分

入所の要件/
小学校1~4年生の児童で、伊豆の国市内の小学校に就学しており、下校時に児童の保護者、同敷地内在住の65歳未満の祖父母(入所月の初日現在)が児童を保育することができないと認められる児童

詳細のご案内

お問い合わせ先

政策戦略課

〒410-2292静岡県伊豆の国市長岡340-1 伊豆の国市役所伊豆長岡庁舎2階

電話番号:055-948-1413

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?