ここから本文です。

どんな支援があるの? 支援制度

アンカー

移住への支援

新生活応援補助金

40歳未満の夫婦を含む家族(若年世帯)または小学生以下の子どもを含む家族(子育て世帯)が、令和2年4月1日以降に、静岡県外から伊豆の国市に移住、定住しようとする場合、住居費または引越費用の一部を補助します。

移住・就業支援金 ≪令和3年3月1日から対象者の範囲が拡大!≫

東京23区にお住まいの方または東京圏にお住まいで東京23区へ通勤する方が、伊豆の国市に移住する場合で、就職や起業など一定の条件を満たした場合に最大100万円を支給します。

住まいの支援

新築・リフォーム助成

市内の事業者に発注して行う住宅の新築やリフォーム工事を助成します。
新築は40万円、リフォーム工事は20万円を上限とし、工事経費の15%を市内登録商店で利用できる商品券で支給します。

住宅用新エネルギー機器導入補助金

太陽光発電システムやエネファーム等の住宅用新エ ネルギー機器を設置する際の、購入費や設置工事費用を補助します。

みどりの住環境整備補助制度

県外からの移住した方が、樹木・芝生などの植栽や家庭菜園の設置など、緑化整備工事をする際の費用を補助します。

不動産情報提供

静岡県宅地建物取引業協会および全日本不動産協会静岡県本部を通じて、希望の条件に合う住まいや土地の情報を相談者に提供します。

お仕事の支援

移住後のお仕事を探している方への制度

伊豆おシゴトさがしフェア

市内事業所の合同就職相談会を開催しています。

  • 伊豆おシゴトさがしフェア

市内で起業する方を支援する制度:創業等支援事業費補助金

商工会が実施するセミナー「伊豆の国創業塾」を修了し、市内に事業所を構えて創業した者または引き続き市内に事業所を構えて事業継承した者に、創業に必要な経費などの2分の1(上限50万円)を補助します。

市内で就農したい方を支援する制度:農業次世代人材投資資金

次世代を担う農業者を目指す青年に対し、就農前の研修を後押しする資金(準備型)及び就農直後の経営確立を支援する資金(経営開始型)を交付します。

子育ての支援

パパ・ママになりたい方を応援、初めての子育ても安心の制度

子育て世代包括支援センター

妊産婦や保護者の相談に保健師等の専門家が対応するとともに、必要な支援の調整や関係機関との連絡調整をするなど、妊産婦や乳幼児に対して切れ目ない支援を提供します。

不妊・不育症治療費助成

医療保険が適用されない特定不妊治療だけでなく、すべての不妊治療と不育症治療にかかる費用の一部を助成し、治療にかかる経済的負担を軽減します。

妊産婦健診

妊婦健康診査、超音波検査、血液検査、血算検査、GBS検査及び産婦健康診査の一部を助成します。

妊婦訪問

希望により保健師が自宅に伺い、健康チェックなどを行います。

パパママ学級

産婦とその夫を対象に、妊娠・出産・育児支援のために、沐浴指導、妊婦体験、栄養・歯科指導、医師講話などを実施します。

産後ケア事業

産後に家事や育児などを手伝ってくれる人がおらず、心身の不調や育児に不安のある方に対し、医療機関で育児相談、授乳指導を行います。

乳児・産婦訪問

発達・発育確認、育児相談、予防接種指導などを行います。

のびのび相談会

0歳から幼稚園就園前の子どもの身体計測、育児不安や発育発達について個別の相談会を行っています。必要に応じて臨床心理士による心理相談も行います。

むし歯予防事業

1歳6か月からフッ素塗布、保育園・幼稚園4歳児クラスから中学生までフッ素洗口を無料で実施します(希望者のみ)。

子育ての不安や負担を軽くするための制度

家庭児童相談室

乳幼児から18歳未満の子どもについての悩みごとや困りごと、家族のことなどの相談を受け付けています。
保護者の皆様と一緒に考え、解決の方法を見つけていきます。

こども医療費助成 ≪高校生3年生まで無料!≫

病気やけが等で医療機関に受診あるいは入院した場合の保険診療分の医療費と、入院時食事療養費を助成します。実質負担は0円です。

こどもインフルエンザ予防接種助成

市内に住む0歳から中学3年生までの子どもを対象に、インフルエンザ予防接種の接種料金を助成します。

いずのくに子育てモバイル

予防接種スケジュールのスポットメール、親子向けイベント等の情報を発信します。医療機関検索やかかりつけ医の設定もできます。

地域子育て支援センター(すみれ・たんぽぽ、こども広場)

楽しく遊んだり友達を作ったりできる場所で、「すみれ・たんぽぽ」は就学前の子ども、「こども広場」は0歳から18歳までの子どもが利用できます。小学校低学年向けの教室や、親子のふれあいや仲間づくりを目的とした乳幼児向けのイベントも開催されています。

やんちゃっ子クラブ

子育てする親子を対象とし、育児の楽しさや喜び、また育児の悩みや不安を解消できる仲間作りを目的に、季節の行事や本の読み聞かせ、リズム体操などを取り入れた親子遊びを開催します。

ファミリーサポートセンター

子育て中の家族が安心して働き、安心して育児ができるように、あらかじめ登録した会員同士が援助活動をするためのネットワークです。保育園・幼稚園の送り迎えや一時的な子どもの預かり等をお願いできます。

一時預かり

生後11か月から就学前までの子どもで、保育園に在園していない子どもを、保育園の専用室で一時的に保育します。

一時保育

家庭で一時的に保育することができなくなった場合、保育園等の在園児と一緒に一時的に保育します。

病児保育

病気中のこどもを病院の専用スペースで一時的に保育します。

預かり保育

市立幼稚園において、教育時間の前後や長期休業中(夏・冬・春休み)に預かり保育を行います。

保育料軽減

0~2歳児クラスの保育料は、同一生計内に児童の兄弟がいる場合、世帯所得や上の子の年齢に関係なく、第2子は半額、第3子以降は無料となります。

小学校に入学してからの制度

放課後児童教室

市内全ての市立小学校に放課後児童教室を併設し、昼間、保護者が労働等により家庭にいない小学生の授業終了後に、安定した「遊び」と「生活の場」を提供します。

遠距離通学費補助金

小中学校への通学が遠距離になる場合、路線バスの定期代や自家用自動車等の利用に対して、助成します。

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。