ホーム > まちづくり > 生活環境 > 犬・猫の適正な飼い方について

更新日:2019年9月2日

ここから本文です。

犬・猫の適正な飼い方について

「家の庭で野良猫が出産して困っている」、「犬のふんの放置で困っている」、「犬の放し飼いによる散歩で困っている」、「野良猫にエサを与えている方がいて迷惑している」などといった犬や猫に関するさまざまな苦情が市に寄せられています。犬・猫は、人間と同じように命ある生き物で、意思や感情を持ち、飼い主の思い通りにいかないこともあります。
そのため、トラブルを起こしたりしますが、その責任はすべて飼い主にあります。

犬・猫が、近隣に迷惑をかけないように、犬・猫の飼い方、地域での付き合い方に気をつけましょう。

野良猫への無責任なエサやりはやめましょう!!

野良猫に関する苦情や相談の件数が増えています。野良猫が「かわいそうだ」という気持ちから、むやみにエサを与えると、その地域に野良猫が増えて近隣においてトラブルの原因にもなります。

1頭のメス猫は…

1年後には20頭以上

2年後には80頭以上

3年後には2,000頭以上になります。

(注)メス猫は生後4~12ヶ月で出産可能で、年に2~4回発情期があり、1回で4~8匹の子猫を産みます。(環境省自然環境局動物愛護管理法パンフレット「捨てず増やさず飼うなら一生」H27.3より)

周囲に与える影響について自覚をもち、責任を持って世話ができなければ、むやみにエサを与えないようにしましょう。野良猫の寿命は平均3~4年です。猫の幸せのために飼い主を探すことも選択肢のひとつとして考えましょう。

  • 野良猫へむやみにエサを与えない。
  • エサを与えるなら、増えないよう不妊・去勢手術をする。
  • エサを与えるなら、猫用のトイレを設置してふん尿の始末をする。(猫はやわらかい土を好んでトイレにします。トイレを設置しないと、近隣の庭や畑に被害が発生する可能性があります。)
  • エサを与えるなら、食べ残したエサはすぐ片づける。
  • 飼い主になってくれる人を探す。

伊豆の国市では所有者の判明しない猫の増加を防止するため、市内に生息する飼い主のいない猫に対し、不妊手術(避妊・去勢手術)を行う方に補助金が交付されます。

詳しくは、猫の不妊手術費補助金をご覧ください。

猫は室内で飼いましょう

猫が苦手な人やアレルギーのある人もいます。迷子や交通事故、感染症の危険から大切な猫を守るためにも室内飼育をお願いします。

(注)室内飼育でも、突然の逸走(脱走)や災害に備えて、日頃から迷子札やマイクロチップ等の身元表示(所有明示)をしておくことが必要です。迷い猫にさせないようにしましょう。

犬のふんを持ち帰りましょう

犬のふんを放置すると、美観を損なうだけでなく、悪臭により周囲の人たちに不快感を与えます。

犬は訓練をすれば、家で上手にトイレをすることができます。トイレのために犬の散歩に行くのではなく、家でトイレをしたご褒美に散歩に行くようにしましょう。

正しいマナー・モラルを守って、散歩を楽しみましょう。

犬の散歩は綱(リード)をつけましょう。

散歩の時に犬をリード(引き綱・鎖等)から放すことは伊豆の国市飼い犬条例で禁止されています。必ずリードにつなぎ、犬を制御できる人が連れて行くようにしましょう。

他人の家の門柱や壁にふんや尿をしないように注意しましょう

玄関の前が犬のふんや尿で汚されていては、誰だっていい気はしません。人の家の玄関や壁にふんや尿をさせないように、気をつけて散歩しましょう。

犬は他の犬の尿の上に尿をする習性がありますので、犬の尿の跡などを気にさせないように注意しましょう。

散歩中は、ふんを持ち帰るための道具とペットボトルの水(尿を洗い流したり、犬に飲ませるため)をマナーバッグ等に入れて持ち歩きましょう。

 

お問い合わせ先

環境政策課

〒410-2396静岡県伊豆の国市田京299-6 伊豆の国市役所大仁庁舎1階

電話番号:0558-76-8002

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?