ホーム > 健康・福祉 > 健康・救急 > 熱中症予防

更新日:2019年7月24日

ここから本文です。

熱中症予防

熱中症とは

熱中症は、高温多湿な環境にいることにより、体内の水分や塩分のバランスが崩れ、体内の調整などがうまくいかなくなり、体内に熱がこもった状態をさします。重症の場合は命に関わることもあります。

これから夏を迎え、気温が高くなると、熱中症にかかる方が増えますので、熱中症予防に心がけましょう。

熱中症の原因とは

熱中症が起こるのは、炎天下の屋外とは限りません。室内で重症化する人も増えていますので、注意が必要です。

「注意が必要な環境」:気温が高い・湿度が高い・風が弱い・閉め切った室内・急に熱くなった日

「特に注意が必要な人」:高齢者や乳幼児・低栄養状態・下痢やインフルエンザでの脱水症状・二日酔いや寝不足といった体調不良の人・屋外作業をする人・激しい運動をする人

熱中症予防に必要なこと

熱中症を予防するために心がけてほしいこと

1.こまめに水分補給をとること2.涼しい衣服を着用すること3.外出時は、日陰を利用すること4.日傘・帽子を使用し、暑さ対策をすること5.エアコンや扇風機を上手に使うこと6.栄養バランスのよい食事と体力づくりをすること

下記のページに詳しい予防方法が記載されています。

 

厚生労働省熱中症ページ(PDF:770KB)

静岡県/熱中症に注意してください!のページ(外部サイトへリンク)

 

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ先

健康づくり課

〒410-2123静岡県伊豆の国市四日町302-1 韮山福祉・保健センター1階

電話番号:055-949-6820

FAX:055-949-7177

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?