ホーム > 健康・福祉 > 健康・救急 > 大人の予防接種

更新日:2024年2月14日

ここから本文です。

大人の予防接種

風しん抗体検査・第5期予防接種(昭和37年4月2日から昭和54年4月1日生まれの男性)

風しんは感染者の飛沫などによって他の人にうつる、感染力の強い感染症です。特に妊娠早期の妊婦が風しんに感染すると、出生児が先天性風しん症候群になる可能性があります。また、大人になって感染すると、まれに重篤な合併症を併発することがあります。

昭和37年4月2日から昭和54年4月1日生まれの男性は、今までに公的な風しん予防接種を受ける機会がなかった世代の方です。知らないうちに風しんに感染し、他の人にうつしてしまうことがあるので、感染を拡大させないために風しんの抗体検査を受けましょう。(対象者の人にはクーポン券を送付してあります。)

対象者

昭和37年4月2日から昭和54年4月1日生まれの男性で、クーポン券を使用した風しん抗体検査をまだ受けていない人

実施期間

令和7年3月31日まで。ただし、期限切れのクーポン券が使用できるのは令和6年2月末までです。令和6年3月以降に検査を受ける場合には、クーポン券の再発行手続きをしてください。

実施方法

まずはクーポン券を使用して風しん抗体検査を受けましょう。検査方法は血液検査です。

検査の結果、抗体が基準値より低かった人は予防接種を受けることができます(麻しん風しん混合ワクチン)。

実施場所

全国の受託医療機関

※医療機関については厚生労働省のホームページをご参照ください。医療機関によっては予約が必要な場合がありますので、事前に電話等で確認していただくことをお勧めします。

費用

無料(ただしクーポン券が必要です)

クーポン券再発行の手続き

手続きが必要な人
  • クーポン券を紛失した人
  • 伊豆の国市に転入してきた人(風しんの抗体検査をまだ受けていない人に限る)
  • 令和6年3月以降に検査を受ける人で、期限切れのクーポン券を持っている人

健康づくり課窓口もしくは電子申請でお手続きしてください。電子申請の場合、クーポン券は郵送となります。1週間程度時間がかかりますので、余裕をもって申請してください。

電子申請https://logoform.jp/form/xmcs/109170

風しん抗体検査予防接種クーポン券再発行申請用QRコード

スマートフォンなどでQRコードを読み取り、お手続きすることもできます。

高齢者インフルエンザ予防接種

対象

対象年齢

接種方法・期間

65歳以上(接種時に65歳の誕生日を迎えている人)

 

60歳以上65歳未満で心臓・腎臓・呼吸器などの障害があり、医師が必要と認めた人(詳しくはかかりつけ医にご相談ください)

回数:1回

期間:令和5年10月1日から令和6年2月29日

自己負担:1,200円

 

(生活保護受給者は接種前に申請をすれば自己負担が免除になります。)

 

厚生労働省のページ(インフルエンザ)(外部サイトへリンク)

この予防接種は、義務ではありません。本人が希望する場合のみ、接種してください。予防接種を受ける前には、医師と相談のうえ接種するようにしてください。

伊豆の国市、函南町、伊豆市以外の医療機関(静岡県内限定)で接種を希望される場合

高齢者インフルエンザ予防接種の市町間相互乗り入れ実施申請が必要となります。申請書に必要事項を記入の上、健康づくり課へお持ちいただくか、郵送または電子申請にてお手続きをしてください。申請を受理後、接種時に必要な書類をお渡しします。なお、医療機関によってはお手続きできない場合がありますので、事前に確認をしてください。(静岡県市町間相互乗り入れ業務協力接種医療機関のみ)

高齢者インフルエンザ予防接種の市町間相互乗り入れ実施申請書(PDF:74KB)

申請書記入例(PDF:158KB)

電子申請https://logoform.jp/form/xmcs/27481(受付開始は10月1日)

高齢者インフルエンザ乗入れ電子申請QRコード

スマートフォンなどでQRコードを読み取り、お手続きすることもできます。

生活保護受給者

接種前に自己負担金免除申請書を健康づくり課にお持ちいただくか、郵送にて申請をしてください。申請を受理後、自己負担金免除証明書を発行しますので、接種を受ける医療機関へ提出してください。

高齢者インフルエンザ予防接種自己負担額免除申請書(PDF:116KB)

高齢者肺炎球菌予防接種

対象

対象年齢

接種方法・回数

令和5年度中に

  1. 65歳になる人
  2. 70歳、75歳、80歳、85歳、90歳、95歳、100歳になる人(特例措置の人)

 

60歳以上65歳未満で、心臓、腎臓若しくは呼吸器の機能又はヒト免疫不全ウイルスによる免疫の機能に障害を有する方で厚生労働省で定める人も対象となります。希望される方は主治医と相談し、接種前に健康づくり課で手続きをしてください。

 

今までに高齢者用肺炎球菌予防接種(23価)を受けたのことのある方は、対象ではありません。すでに接種済みの方で、通知が手元に届いた場合は破棄してください。

 

令和6年度から対象者が変更します。

特例措置がなくなり、65歳になる人だけが対象となります。また、65歳の誕生日を迎えていないと定期接種の対象となりませんので、ご注意ください。

生涯1回接種

接種期間:令和5年4月1日から令和6年3月31日まで
自己負担:4,260円


(生活保護者は、接種前に自己負担免除申請をすれば、無料になります。)

厚生労働省のページ(高齢者肺炎球菌)(外部サイトへリンク)

伊豆の国市、函南町、伊豆市以外の医療機関(静岡県内限定)で接種を希望される場合

高齢者肺炎球菌予防接種の市町間相互乗り入れ実施申請が必要となります。申請書に必要事項を記入の上、健康づくり課へお持ちいただくか、郵送または電子申請にてお手続きをしてください。申請を受理後、接種時に必要な書類をお渡しします。なお、医療機関によってはお手続きできない場合がありますので、事前に確認をしてください。(静岡県市町相互乗り入れ業務協力接種医療機関のみ)

高齢者肺炎球菌予防接種の市町間相互乗り入れ実施申請書(PDF:75KB)

電子申請https://logoform.jp/form/xmcs/27318

肺炎球菌乗り入れ申請QRコード

スマートフォンなどでQRコードを読み取り、お手続きすることもできます。

生活保護受給者

接種前に自己負担金免除申請書を健康づくり課にお持ちいただくか、郵送にて申請をしてください。申請を受理後、自己負担金免除証明書を発行しますので、接種を受ける医療機関へ提出してください。

高齢者肺炎球菌予防接種自己負担額免除申請書(PDF:116KB)

注意事項等(高齢者インフルエンザ・高齢者肺炎球菌共通)

  • 予約が必要な場合がありますので、実施医療機関に直接お問い合わせください。
  • 伊豆の国市、函南町、伊豆市以外の医療機関で接種を希望される場合、事前の手続きが必要です。
  • 生活保護者は、接種前に自己負担免除申請をすれば、無料になります。

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ先

健康づくり課

〒410-2123静岡県伊豆の国市四日町302-1 韮山福祉・保健センター

電話番号:055-949-6820

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?