ホーム > くらし > 国保・年金 > ジェネリック医薬品

更新日:2021年11月1日

ここから本文です。

ジェネリック医薬品

ジェネリック医薬品とは

ジェネリック医薬品(後発医薬品)は、新薬(先発医薬品)の特許が切れた後に製造販売される、新薬と同じ有効成分を含み、同じ効能・効果を持つ低価格なお薬です。

  • 低価格なので、医療費の負担が軽減できます。
  • 品質・有効性・安全性は新薬と同等です。
  • 新しい技術で、服用しやすいように味や飲みやすさ、使用感が改良されたものもあります。

なぜ低価格なのか

医薬品を新しく開発するためには、多くの歳月と多額の費用がかかります。ジェネリック医薬品は新薬の特許が切れた後に開発されるため、開発期間が短く開発費も少なくて済みます。このため、お薬の価格も安くなっています。

効き目や安全性も同等

ジェネリック医薬品は、新薬と同じ有効成分を含み、効き目や安全性も新薬と同等です。有効性・安全性・品質について国が厳格な審査を行い、製造販売の承認をしています。

 

ジェネリック医薬品で医療費を節約

近年、医療費が増加しており、医療保険制度の維持のための負担が増加しています。ジェネリック医薬品は、低価格で新薬と同等の治療効果が得られるお薬です。自己負担の軽減だけでなく、優れた医療保険制度を次の世代に引き継いでいくためにもジェネリック医薬品の使用が求められています。

 

ジェネリック医薬品への変更のしかた

かかりつけの医師や薬剤師に、ジェネリック医薬品を希望していることをお伝えください。(すべての新薬にジェネリック医薬品があるわけではありませんので、ご注意ください。)

 

 

お問い合わせ先

国保年金課

〒410-2292静岡県伊豆の国市長岡340-1 伊豆の国市役所伊豆長岡庁舎1階

電話番号:055-948-2905

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?