ホーム > 学び・文化 > 文化財 > 史跡伝堀越御所跡

更新日:2019年2月12日

ここから本文です。

史跡堀越御所跡

伝堀越御所跡は「堀越公方」と呼ばれた足利政知の御所があったと伝えられる場所です。

室町時代の後半、大名の勢力争いが激化し、日本各地で戦乱が起こっていました。とくに関東地方は、京都にある室町幕府に従う勢力と対抗する勢力とが激しく争っていました。そこで、将軍の足利義政が、直接関東地方を支配するため、長禄元(1457)年、鎌倉公方として派遣したのが兄の足利政知です。しかし、政知は戦乱のため関東(鎌倉)まで行くことができず、韮山の堀越(四日町の一部)の地に御所構えました。これにより政知は「堀越公方」と呼ばれました。しかしこの御所も、政知の死後、明応ニ(1493)年に伊勢宗瑞(北条早雲)によって滅ぼされてしまいました。

発掘調査によって、御所に伴うと考えられる、遣り水や滝口などの池跡が見つかっていて都風な公方の生活を知ることができます。

伝堀越御所跡

伝堀越御所跡の遠景

池の導水路

発掘された池の縁石

お問い合わせ先

文化財課

〒410-2292静岡県伊豆の国市長岡346-1 あやめ会館1階

電話番号:055-948-1428

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?